スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ANAスカイホリデー北海道研修 3日目 byLAPARK.SK


電気のありがたみを感じた後は登別へむけて出発です


前日の台風の影響でたくさんの木々が倒れていたり
草木が散乱していたため通行止めの箇所もありました
IMG_6843.jpg


登別では地獄谷の見学と第一滝本館の視察をしました


地獄谷では硫黄臭がはんぱなかったですが...
テレビや旅行雑誌で見る風景を見ることができました
IMG_6845.jpg

IMG_6846.jpg


登別温泉といえば第一滝本館のイメージをお持ちの方も
たくさんおられるのではないかと思います
IMG_6855.jpg

南館 本館 西館 東館と4つの建物に分かれています

南館のお部屋はスタンダードな10畳のお部屋になります

お部屋食か本館のお食事処でのバイキング食か
ご希望の方をお選びいただけます

本館のお部屋は10畳 12畳で4~5名定員になります
IMG_6847.jpg

平成2年にオープンしたこともあり新しい感じがしました

西館のお部屋は8畳 10畳で3~4名定員になります

4館ともすべてのお部屋に空気清浄機付です

お食事は本館にあるメインの会場の”原始林”(340席)と
サブ会場の”雪国”(200席)と2つあります

写真は”原始林”の方です
IMG_6850.jpg

テーブルには部屋番号の札が置いてあるので
その番号の席で召し上がっていただくスタイルです

昨年リニューアルされた2つの会場ではいずれも
お食事内容は変わらないとのことです

2フロアにわたって大浴場があります
IMG_6852.jpg

実際に中へ入らせて頂きましたがとっても広かったです!!!

プールもあるのでお子様もお楽しみいただけます
IMG_6853.jpg

7種類の泉種のうち5種類は自家源泉ということで
お湯の質にもこだわりがるとのこと

飲泉があったので皆さんで頂きましたが...不思議です
IMG_6854.jpg

エントランス付近には仕掛け時計の金棒がありました
IMG_6856.jpg


第一滝本館の視察を終え次は定山渓温泉です


定山渓温泉定山渓グランドホテル 瑞苑に到着です
IMG_6862.jpg


展望風呂付客室(75㎡)は和洋室タイプで6名定員です
IMG_6859.jpg

IMG_6857.jpg

お部屋からは渓谷を眺めることができます

段差が少ないバリアフリーのお部屋なので車椅子の方も
安心してゆったりとくつろいで頂けます

大浴場は広々としていました
IMG_6861.jpg

露天風呂の周りにはお花が植えられています
花の露天風呂ということで女性に好評とのことです
IMG_6860.jpg

館内にある”美泉遊膳”にて懐石料理を頂きました

写真は料理が出る前だったので少しさみしいですが...
IMG_6865.jpg

個室に近い形で仕切りがあるので少人数でゆっくりと
お食事をされたい方におすすめです


定山渓温泉をあとに札幌市内へむけて出発です


バスガイドさんの案内をききながら札幌市内の観光地や
ホテルを車窓から眺めました
IMG_6866.jpg

バスから撮ったため写真が微妙です...申し訳ないです

札幌時計台
IMG_6867.jpg

北海道庁旧日本庁舎
IMG_6868.jpg


札幌市内を見たあとはとうとう新千歳です...


私は今回の研修がはじめての北海道でした
天候に恵まれずめったに体験することないハプニングに
遭遇することもありましたが.... お世話になったすべての
方々のおかげで素敵な3日間を過ごすことができました

実際に訪ねて見たりすることで本やインターネットでは
発見できないような魅力がありとても勉強になりました
その魅力をたくさんのお客様へお伝えできるように
あらためて日々の業務を頑張りたいとおもいました

このような素敵な研修を主催してくださったみなさま
今回の視察にご協力してくださった企業のみなさま
参加機会をくださった会社にとても感謝しております
ありがとうございました

文章力がなく3編に渡って長々綴ってしまいましたが
最後まで読んで頂きありがとうございました
スポンサーサイト

ANAスカイホリデー北海道研修 2日目 byLAPARK.SK


2日目も引き続き北都交通さんのバスに乗り出発です
IMG_6841.jpg


ルスツへ向かう途中大沼国定公園に立ち寄りました
IMG_6789.jpg

せっかくの晴れ間でしたがバスからおりた瞬間に雨が
降ってきたので滞在は一瞬でした...雨男雨女が多い


函館エリアからルスツまでは高速道路を利用しても
2時間以上かかります


バスガイドさんのお話を聞きながらうとうとしていると
あっという間にルスツリゾートへ到着しました


広大な敷地内には、
ルスツリゾートホテル&コンベンション
ザ・ウェスティンルスツリゾート
北海道最大の遊園地のルスツ遊園地
夏季限定で営業されるプール
冬には多くのお客様で賑わうホテル直結のゲレンデ
などたくさんの施設を擁しています

まずはルスツリゾートホテル&コンベンションの視察です!!

こちらはサウスウィングとノースウィングの2つの館があり
サウスウィングのすぐ後ろにゲレンデが広がっています

1室につき1つロッカーをご利用頂くことができるので
スキーやボードの装備を無料で預けられます
またチェックイン前やチェックアウト後のお荷物についても
フロントで渡されるコインを使用して無料で預けられます
IMG_6794.jpg

お部屋タイプはいずれの館も33㎡の3~4名定員のみです
IMG_6792.jpg

IMG_6793.jpg

全て禁煙室です(ロビーに喫煙室がありますが...

客室を含めいたるところでWi-fiがご利用頂けます

全客室に空気清浄機付加湿器があります

寝具は2016年4月にシモンズのベッドと羽毛布団に
総入れ替えを行ったため寝心地は抜群です

お食事はミールクーポン方式なので館内にあるレストランの
なかからお好きなレストランをお選び頂けます

レストランの数や種類が非常に多いので夕朝食付きプラン
をご利用されるのがおすすめです

なかでも1番人気のレストランが”オクトーバーフェスト”です
IMG_6795.jpg

250席と一度にたくさんお客様が利用することができ
タラバガニやズワイガニやイクラも食べ放題とのこと

館内には2階建のメリーゴーランドがありました
IMG_6800.jpg

サウスウィングとノースウィングの間にはメインキャラクター
のダニエルくんが演奏をしていました...こわいです
IMG_6796.jpg


つづいてザ・ウェスティンルスツリゾートです


ルスツリゾートホテル&コンベンションからはモノレールで
移動できますが今回はバスで移動しました
IMG_6797.jpg


2016年6月にリブランドしオープンしたこちらのホテルは
ロビーやフロントなど開放的な雰囲気で落ち着きます
IMG_6801.jpg

IMG_6802.jpg

全ての客室がメゾネット型になります
IMG_6806.jpg

IMG_6807.jpg

4名定員(76㎡) 5名定員(88㎡) 7名定員(108㎡)と
3タイプの客室があり全室禁煙のWi-fi完備です

寝心地がよさそうなホテル一押しのヘブンリーベッドは
見ているだけでも快適さが伝わってきます
IMG_6804.jpg

正規ベッドで不足するベッドについては
なんと壁から引き出し式のベッドが登場します!!!
IMG_6805.jpg

同じくミールクーポン方式なのでレストランはおとなりの
ルスツリゾートホテル&コンベンションも利用可能です


ルスツでの視察も終わりニセコへむけて出発です


移動途中、いい感じの形の虹がかかっていました
IMG_6809.jpg


ニセコノーザンリゾート・アンヌプリへ到着です
IMG_6812.jpg

ニセコノーザンリゾート・アンヌプリは国定公園内にあり
建物の高さに制限があるため全部で3フロアとなります

客室は、
スタンダードタイプ(25㎡) ツイン・ダブル・ハリウッドツイン
IMG_6820.jpg

デラックスタイプ(30㎡) ツイン・ダブル・ハリウッドツイン
IMG_6816.jpg

ジュニアスイート(50㎡)
IMG_6817.jpg

デラックススイート(60㎡)
IMG_6822.jpg

ジュニアスイートとデラックススイートのお部屋は
浴室と洗面所はガラス張りでした
IMG_6819.jpg

全ての客室には加湿器とWi-fi設備があります

全て3名定員のお部屋となるため3名以上のお客様は
コネクティングルームをご利用頂くことになります
全部で13組のコネクティングルームがあるそうです

写真はブラインドがかかっていますが額縁に見たてた
窓からはニセコの大自然を眺める事ができます
IMG_6816.jpg

山側 谷側の2種類ありますが事前にお選びできません...

お食事は”ECLAT(エクラ)”というバイキングレストランで
朝食と夕食のご利用が可能です
冬季限定でランチバイキングも行っています
IMG_6814.jpg

ロビーの近くにはライブラリーもありました
IMG_6818.jpg

お部屋やロビーなどに牛柄??が多く使われていたので
気になって係の方に尋ねてみたところスカンジナビア柄
というらしいです 今はやりの北欧ですかね???

夏季は尻別川でのラフティング、羊蹄山登山、乗馬、
熱気球体験、ゴンドラ乗車などさまざまなアクティビティを
体験することができます

予定ではニセコノーザンリゾート・アンヌプリでの
ゴンドラ乗車と熱気球体験でしたが...悪天候


急遽ヒルトンニセコビレッジを視察することになりました


ヒルトンニセコビレッジはゲレンデまで徒歩0分ということで
ゲレンデはホテルのすぐそばにありました

お部屋からゲレンデの間はスキーの装備を付けたまま
移動できる点もゲレンデが近いホテルならではです

2016年12月には新しいゴンドラも完成予定です

客室はスタンダードタイプ デラックスタイプいずれも28㎡です
IMG_6828.jpg

1フロアに1室のみパノラマツイン(38㎡)のお部屋があります
IMG_6829.jpg

別名蝦夷富士とも呼ばれる羊蹄山を眺めることができる
羊蹄山ビューのお部屋もあります

気象条件が揃えばお部屋から雲海が見えるそうなので
ぜひ9,10月頃に訪れてみたいです

お食事はアリーナのように広い宴会場で頂けます
IMG_6831.jpg

朝食のみですがビュッフェ式のレストランもあります
冬季は夕食もご利用可能です
IMG_6833.jpg

個人の宿泊者であれば無料でジムをご利用頂けます
IMG_6827.jpg

お子様を預けることができるキッズルームもありました
IMG_6832.jpg

2010年にJapanTOP10Spaを受賞したWakkaSpaの
エステで旅の疲れをいやすのも良いですね


ニセコといえばパウダースノーやウィンタースポーツという
冬のイメージをお持ちの方が多いかとおもいますが
夏季限定の様々なアクティビティに力を入れているので
夏のニセコもお楽しみいただけると思います


ニセコでの視察を終え2日目に宿泊の旅館へ向かう途中に
高橋牧場のミルク工房へ立ち寄りました

アイスをごちそうになりました
IMG_6834.jpg


バスに乗り宿泊地の洞爺湖温泉へ向かって出発です


洞爺湖万世閣ホテルレイクサイドテラスに宿泊しました
IMG_6842.jpg

お部屋は西館の和洋室で湖側です
IMG_6840.jpg

5名定員を2名で利用したので広々としていました
IMG_6837.jpg

冷蔵庫にはなんとウェルカムメロンが入っていました!!!
IMG_6838.jpg

2日目の夕食は小宴会場でいただきました

皆さんはしゃいでいて面白かったです
とても楽しくて時間がすぎるのはあっという間でした

宴会後はお風呂やお部屋でゆっくりとすごしていましたが...
いきなり停電になりました

館内は非常電源が辛うじてついているだけで真っ暗でした
台風の影響で北海道のいたるところで停電だったらしく
復旧したのは翌日の朝8時前でした...

深夜をすぎてもスタッフの方々が見回りを行ってお客様へ
お声かけしている姿に神対応だなととても感動しました


3日目”登別 定山渓 札幌 編” へ続く

ANAスカイホリデー北海道研修 1日目 byLAPARK.SK


8月29日から2泊3日でANAスカイホリデーさん主催の
北海道旅行会社研修に参加して参りました

スケジュールは、
8/29 ANA752 小松07:45羽田08:55
    ANA553 羽田10:30函館11:50
    湯の川温泉
8/30 洞爺湖温泉
8/31 ANA74  千歳17:30羽田19:05
    ANA759 羽田19:55小松20:55

小松から千歳は直行便が1日1便飛んでいますが
今回は往復ともに乗り継ぎ便を利用しました


函館空港の到着ロビーでは北都交通さんのガイドさんと
函館国際観光コンベンション協会の方が迎えて下さいました


早速バスに乗り函館朝市へ向けて出発です


北海道第3の都市函館は空港から市街地までの移動が
車で30分以内と比較的短いためコンパクトな都市です


函館朝市で少し散策したあとにお食事を頂きました

すでにお昼過ぎだったため少しがらーんとしていましたが
早朝からお昼前にかけては1年を通して賑わうそうです!!
IMG_6763.jpg

昼食は一花亭 たびじで頂きました
IMG_6765.jpg


北都交通さんのバスガイドさんの案内を聞きながら
五稜郭タワーと五稜郭公園へ向かいました

五稜郭タワーからは函館市内を一望することが出来ます
あいにくのお天気だったので写真が若干暗いですが...
IMG_6767.jpg

IMG_6770.jpg

IMG_6769.jpg


この後は旧函館区公会堂と八幡坂へ向かいました
IMG_6772.jpg

とても豪華で古い様式のお部屋がたくさんありました
IMG_6774.jpg

大広間では小規模のコンサートを開くこともあるそうです
IMG_6773.jpg


八幡坂は北海道のガイドブックやポスターなどの写真に
使用されている有名な坂です
ちなみにANAスカイホリデーさんのポスターもです
IMG_6771.jpg


雨が強くなり空も暗くなり天気が悪くなっていきますが
次は金森赤レンガ倉庫群です

金森赤レンガ倉庫群では建物の中に可愛らしい雑貨や
スイーツやお土産物などを販売しているお店があります

写真だけ見ると一瞬小樽に見えないことも無いですね
IMG_6775.jpg


本来ならこのあと函館山から夜景を見る予定でしたが
悪天候で残念ながら登ることが出来なかったので...
金森赤レンガ倉庫内に飾ってあった絵です
IMG_6777.jpg


この日は函館の奥座敷である湯の川温泉の
笑えみ函館屋に宿泊しました
IMG_6788.jpg

2016年4月1日にオープンした新しい旅館です

ANAスカイホリデーさんの2016年下半期の商品には
こちらのホテルの掲載がありますのでぜひぜひ

客室数も少なくロビーやお食事処も雰囲気がよいので
女性グループやゆっくりとされたい方にはぴったりです
IMG_6786.jpg

IMG_6780.jpg

IMG_6778.jpg

ロビーには囲炉裏もありウェルカムとうもろこし??や
コーヒースパークリングワインソフトクリーム
自由に頂けるフリードリンクコーナもありました
IMG_6785.jpg

IMG_6779.jpg

夕食は和食のコース料理でしたが量がとても多いので
完食されていた方はほぼいませんでした
写真は前菜とメインの後に出てきたお寿司です
IMG_6781.jpg

IMG_6783.jpg

夕食後は各自お風呂に入ったりロビーでくつろいだりと
明日の移動に備えてゆっくりとお休みしました


2日目”ルスツ ニセコ 編”へ続く

JALパック TDRプレミアムツアー研修 2日目 SHIMENO/LAPARK-AK


2日目
朝食は、和洋バイキング(2ヶ所)、和食、中華と4ヶ所から選べます
和食と中華はすいていたので中華を食べました中華もバイキングでした。

朝食の後は東京ベイ舞浜ホテルクラブリゾートの見学をしました。

東京ベイ舞浜ホテルクラブリゾート

ホテルのレストラン、ショップなどはロビー階に集中していてとてもわかりやすいつくりです。
コンビニのようなショップもあります

クラブリゾート3 クラブゾート5 クラブリゾート1


デラックスルーム

クラブリゾート4
シャワーブースとバスタブがあるお部屋でバスルームからは海が眺められます
40㎡と広めです。


リヴィエラクラブフロア(11F・12F)

クラブリゾート2 クラブリゾート
リヴィエララウンジでチェックインが出来ます。
今回はパーク側のお部屋を見せていただきましたが、予約時にパーク側、海側の指定はできません。
(リクエストは可能で当日回答になるそうです)



クラブリゾートではExpressチェックアウトを行っています
精算がなければお部屋からフロントに電話するか、フロント前のBOXにルームキーを入れるだけでチェックアウトが出来ます



見学後はTDLへ。
TDL1.jpg TDL2.jpg
雨だったのですが学生さんが多く混雑していました
いくつか乗り物に乗ってJALの特典でついてくるテリヤキチキンレッグを食べて、ディズニーランドホテルの見学に向かいました。

ディズニーランドホテル

ランドホテル2

ランドホテル1 ランドホテル5
3種類のお部屋を見せていただきました。

スーペリアアルコーヴルーム パークグランドビュー

ランドホテル4 ランドホテル4
パークが正面に見えるお部屋です。
シンデレラ城もきれいに見えます

スーペリアルーム
スーペリアアルコーヴルーム(ピーターパンルーム)

ランドホテル2 ランドホテル3
スーペリアアルコーヴルーム・アルコーヴルーム共に広さは40㎡ですがアルコーヴルームのほうがソファーがない分広く感じました。
キャラクタールームはお部屋からパークは見えませんがとてもかわいらしいアリスガーデンが見えます

JALで行く東京ディズニーリゾートへの旅にディズニーホテルステイ3日間のプランがありますがその中の出発日限定のスペシャルブランチではディズニーランドホテルの宴会場でしか見れないコスチュームでキャラクターグリーティングが出来るそうです

ディズニーランドホテル見学後はパークに戻りいくつか乗り物に乗ってからマジカルファンタジー号で羽田空港へ、最終便で小松空港に戻ってきました

今回の研修で一番印象に残ったのはやはりプレミアムツアーでした
夏休みは毎日設定があり3枠から4枠に増枠もされています。
4日間コースは2・3日目両日、両パークでガイドツアーが可能です
バケーションパッケージよりもこちらのほうがお得感があるように感じました。

とても楽しい2日間でした
ありがとうございました

JALパック TDRプレミアムツアー研修 1日目 SHIMENO/LAPARK-AK


3月4日から1泊2日でJALパックのJALで行く東京ディズニーリゾート・プレミアムツアーの研修に行ってきました。

1日目
小松空港から7:50発のJAL1270で羽田空港へ
羽田で他社の方たちと合流して、マジカルファンタジー号でTDSへ向かいました
マジカルファンタジー号に乗り込むと1列目にはシートベルトをしたミッキーとミニーのぬいぐるみが・・・
ヘッドレストもキャラクターの模様です。
車内では到着までTDRについての案内が流れているので気分も高まります

MF.jpg


TDS到着後、昼食を済ませてミラコスタの見学へ。

ミラコスタ  
ロビーの天井には8つの壁画がありますがその中の7つに隠れミッキーがいます

フロント横ではチェックイン時にお子さまを退屈させないようにディズニー映画が流れています
お部屋に行くまでの間も廊下の壁にはお子さまが見つけやすいような高さにピノキオの絵が描かれています。

ミラコスタ3 ミラコスタ2 ミラコスタ1


ポルト・パラディーゾ・サイド・ハーバービュールーム

ミラコスタ5 ミラコスタ2
港の全景が見えるお部屋です
ファンタズミックも見えます
時々閉園後にショーのリハーサルをしている所も見れるそうです!
ポルトパラディーゾサイドでもハーバービューのお部屋以外は必ずファンタズミックが見れるわけではないので要注意です

ヴェネツィア・サイド・スーペリアルーム

ミラコスタ4 ミラコスタ

運河やゴンドラが見えるお部屋です
ポルト・パラディーゾ・サイドより落ち着いた景色が望めるので通の方に人気だそうです


ミラコスタ見学の後はプレミアムツアーに参加しました。

まずはパーク入口側のゲストリレーションでツアーガイドと合流してどの乗り物に乗るか相談をします。
ルートはスムーズに回れるようガイドさんが考えてくれます。
乗りたいものだけでなく、食べたいものや買いたいものを伝えればそのお店にも連れて行ってくれます。

私達はトイストーリーマニア→→インディージョーンズアドベンチャー→→マジックランプシアター→→レイジングスピリッツ→→ストームライダーの順で回ってツアー終了後にビッグバンドビートを見ました。

すべてファストパスルートを利用するので3時間で5~6個は乗れます
途中、いつも人気で大行列のギョーザドッグも魔法を使って並ばず買ってきてくれました!!
移動や待ち時間の間も普段聞けないような話をたくさんしてくださいました。
スムーズに移動できるようエレクトリックレールウェイを使ったりするので小さいお子さんやおじいちゃん、おばあちゃんとの旅行にとてもいいと思いました。
なんといっても優越感にひたれます
ツアー終了後は参加者だけがもらえるバッチをいただきましたー!
かわいい

プレミアムツアーはJALで行く東京ディズニーリゾートのパンフレットでプレミアムツアーのコースに申し込むか、当日ガイドツアーカウンターで申し込むと参加できます。(先着順です)
オンライン予約・購入サイト、または東京ディズニーリゾート総合予約センター(電話)にてディズニーホテルの予約をされた方は東京ディズニーリゾート・オンライン予約購入サイトからの事前予約も可能です。
プレミアムツアーの料金は1グループ6名まで21,600円、7名以上は1名につき3,090円ずつ追加で最大10名までです。

ビックバンドビートの後はJALで行く東京ディズニーリゾートの特典のポップコーンバケットの引換えをしてホットワインを買ってファンタズミックを見ました。
お酒を飲めるのもTDSのいい所
TDS1.jpg TDS2_20140426182250602.jpg バッチ TDS1_20140426182248b4e.jpg

ツアーガイドさんに教えていただいたのですがショースケジュールが載っているTodayにも必ず隠れミッキーがいるそうですよー皆さんは見つけられますか
TODAY_2014042618384256a.jpg

ファンタズミックを見た後はリゾートラインでホテルに向かいました
宿泊は東京ベイ舞浜ホテルクラブリゾート
お部屋に荷物を置いてすぐにお夜食バイキングを食べに行きました
21:00から行ったのですいていましたが、21:30頃には列が出来ていました。
パーク閉園後はとても混雑すると思うので早めの時間がおすすめです

宿泊したお部屋は新登場のコンフォートスーペリアルーム
ベッドはシモンズ社製で最大4台まで同じコンディションのベッドを用意可能なお部屋です。
2~4台のベッドが全てくっつけられるハリウッド形式でお子さまの添い寝に最適です。
ヘッドボードには充電用の電源を完備したポケットがあり便利です。
ちなみにJALで行く東京ディズニーリゾートのパンフレットの基本のお部屋はこのコンフォートスーペリアルームです。

2日目へ続く


| ツアーシステムスタッフブログホーム | 次ページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。