スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【朝礼】「頼ってもらう・相談してもらうため」のサービス -YS.DOI


先週、深センまで行ってきました。深センだけで人口1,300万人くらいいるんですって!!
上海で1,500万以上、その他の湾岸の都市でもン百万人の人口が消費の下支えをしていると思うと

「そりゃ中国調子いいわなー」と思わざるをえません

さて、出張時のハナシはこの後にまたしたいと思いますが
この出張中にNHKの特番を見ました
京王電鉄の試みについてのハナシです

京王電鉄の沿線地域は都心から少し距離のある
「通勤に相応しい」路線だったわけですが
地方から移り住んできた、いわば日本の経済成長を支えてきた世代が引退し
高齢化が進んでいく中、右肩上がりを続けてきた旅客運賃収入が、頭打ちになったということでした

そこで、京王電鉄の一事業部では
・お年寄りの方向けのスーパーの買い物の宅配サービス
・沿線地域での保育園の運営
などに乗り出しているそうです

一見、電車とは全く関係がないようにも感じられますが
このサービスを提供することで沿線に人が住む→出かけるときは京王電鉄を使う
ということをやっています


旅行業にたとえればどうでしょう?
どうしたらお客さんに来て貰えるでしょう? 頼って貰えるでしょう?


インターネットでホテルや飛行機の予約が簡単に出来てしまうことが
逆にカウンターにお客さんを呼び込む(或いは選別する)鍵になると私は考えています

確かにインターネットは今までの主流であった「取次ぎ」のシステムを破壊し
あらゆる分野での直販率は上がっていると思います
でも航空会社が座席を100%自前で売れるか?
この問いに関しては答えはnoであると航空会社自身がわかっています


インターネットで申し込まないお客様の層はどういう層で
そういったお客さんは、我々にどういうサービスを望んでいますか?



皆さん自身も考えて、前に進んで欲しいと思います
スポンサーサイト

| ツアーシステムスタッフブログホーム | 次ページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。