スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NEW CALEDONIA bySHIMENO KO


2/16(木) 3日目

朝6時半起床
レストランで朝食を済ませ観光&ショッピングに出発
ヌメア中心部サントルヴィルへ

8時15分 フロントでタクシーを呼んでもらい、FOLの丘へ
ちなみにタクシーは最低料金が560パシフィックフランで
ホテルまで来てもらうのに呼出料160パシフィックフランがかかります

8時30分 FOLの丘到着

FOLの丘はヌメア市内の景色が一望できます
FOL_convert_20120321223801.jpg
朝早いせいか誰もいませんでした
青空でしたが、雲が少し多かったのが残念
街並はとてもきれいでした

写真を撮り終え、丘からも見えたサン・ジョセフ大聖堂へ向けて歩くことに
道がわからなかったですが、何とか到着
大聖堂1
建物はすごく立派できれいでした
中ではちょうどお祈りをしていました

大聖堂を後にしておみやげを見に行くことに

日本でも人気のあるロクシタンへ
このお店は8時30分から営業しています
ニューカレドニアは夜お店が早くしまる分朝早くから
営業しているお店が多いです
ここではお土産のボディーバターとハンドクリームを購入

その後足が痛くなったので靴屋さんにいって
ビーサンを購入して街歩き再開

市街中心部にあるココティエ広場へ
ココティエ1
ここはランドマークになっていてこの日も多くの人がいました
雲が多かった空もとっても真っ青な青空になりました

アイスを販売しているワゴンを発見
アイス好きな私は即購入
気温も上がってきていたのでちょうどよかったです
気温は30℃近くあったと思いますが、
湿気がなくカラッとした気候で風も吹くので日本の夏と比べると過ごしやすかったです
少し休憩をしたあとはお目当てのおみやげ屋さんへ

と思ったのですが、かわいい洋服屋さんや雑貨屋さんが目に留まり
寄り道を少ししました
街並1

その後MIKA SHOPという日本人の方が経営しているお店です
前日に行ったアクアよりも価格が安い商品があったので
ここでまとめてお土産を購入

主な購入品は…
ニューカレドニアの地図が描かれたチョコレート
コーヒービーンズチョコ
ニューカレドニア産コーヒー
貝殻に入ったキャンドル
ニアウリの石鹸
コーヒーの花の石鹸
ニューカレドニアの砂で作った灰皿 などなど

全体的にかわいらし小物が多かったです
支払いは日本円でできました
お釣りは現地通貨で返ってきます

チョコレートを5箱以上購入するとホテルまで商品を配送してくれるとのことで
ちょうど私は5箱購入していたので荷物をホテルまで持っていっていただきました

すこし喉が乾いたのでカフェでブレイク
.カフェjpg
ジュースが550パシフィックフランでした…
さすがですね~日本なら高くても350円くらいなのに

休憩後はショコラ・モランへ
日本でガイドブックを見ているときから気になっていたチョコレートのお店です
買うつもりでいったのですが、外が暑くて持ち歩いていたら溶けるかもという心配と
まとめ売りが基本のようだったので中でチョコを眺めてお店を後にしました

サントルヴィル最後のお目当てのお店ラ・ボン・ブーシュへ
こちらも日本人の方が経営しているお店です
おみやげはMIKA SHOPと同様小物が中心ですが、
こちらのお店ではニューカレドニアのビール「ナンバーワン」を
おみやげとして取り扱っています
ビールとおつまみセットのおみやげもありました

ココティエ広場に戻り、次の目的地に向かうためタクシー乗り場へ
この時点で昼12時過ぎでした
アンスバタ地区シトロン湾にある水族館が次の目的地です
タクシーに乗り約10分で着きました

ニューカレドニア・ラグーン水族館は光るサンゴが有名です
水族館1
暗闇の中で蛍光色のサンゴが光っていて幻想的でした
もちろんニューカレドニアの海に住むカラフルな魚もたくさんいました
入館料は1000パシフィックフラン
規模はそこまで大きくなく能登島水族館よりも小さい感じで
所要時間もだいたい30~40分で見て回ることができました

水族館を出た頃には1時近くになっていたので
昼食のため近くのレストランへ
特に調べていたわけではないですが、
日本語の看板が目に付いたので入ることにしました

窓側の席からは海が一望できました
残念ながら私たちは窓側ではなかったですが…

メニューは日本語のものがあり、スタッフも日本語を話せる人がいました
私たちはシーフードの盛り合わせとパスタを頼みました
フランスパンとオリーブはサービスで出てきました

パスタはクリームパスタだったのですが、味が少し薄かったです
昼食  昼食1  シーフード1
こちらでのお会計は約8000パシフックフラン
ランチなのに…やっぱり高いです

お腹がいっぱいになったので少し運動がてらホテルまで歩くことにしました
海沿いのため風は強かったですが、景色が最高でした
快晴の真っ青な空に透き通った海
ビーチ10  海ルルーフ1  ビーチ8
 
癒されますね~日本じゃ歩くのが苦ですがこの景色があれば歩くのも苦じゃないです

途中ラ・プロムナードホテルやラマダホテルの横を通過しました
アンスバタ地区に日本のパッケージで利用されるホテルが集中しています

海沿いを歩いていると黄色いボートを発見
タクシーボート1
タクシーボートと呼ばれヌメア周辺から離島への交通手段となっています
ヌメアからも肉眼で見え一番近い離島カナール島へは5分、
水上コテージが立ち並ぶメトル島へは20分で行けます

お土産屋さんなどに寄り道もしながらホテルへ
3時頃にホテルに戻ってきました

この日夕食を6時半に予約していたので
それまでプールとホテル前のビーチで遊ぶことに

ホテル前のビーチもきれいでした
景色1  ビーチ7
メリディアンは日本の方もたくさん宿泊しているので
日本人の方もちらほらいらっしゃいました
6時にフロントに行って昼間購入したお土産を引取りにいきました

のんびりした後は少しおしゃれをして夕食へ
ホテルからビーチ沿いを歩いて15分の所にある
水上レストラン「ル・ルーフ」で夕食です
前日にお店に行き予約をしてました
完全予約制のフレンチのお店です

ちなみにここも日本語メニューがあるので安心です
ルルーフ メニュー
ただ会話は英語しか通じません

水上レストランということで下は海が広がっていて魚が泳いでいるのを
見ながら食事を楽します
ちょうど夕暮れ時で景色がとてもきれいでした
ル・ルーフ1

カレドニア産エビとホタテのプロシェットとステーキをそれぞれ注文
ルルーフ肉1  ルルーフエビ1
付け合せはライスにしました
ルルーフライス1
本当はステーキを食べたかったのですが、350gだったので食べれる自信がなく断念
私たちの他に周りの方は日本人の方が多かったです
この日はちょうど日本人の方の結婚式も入っていてたくさんの人でした

おいしい食事ときれいな景色に満足してホテルへ
またビーチ沿いを歩いて帰りました
周りはもう真っ暗です

夜10時に現地係員の方がお迎えに来てくれるので
それまでに着替えや荷造りをすませました

ちなみにメリディアンのチェックアウトは通常12時ですが、
今回は深夜便利用だったのでレイトチェックアウトで手配を入れました

22時00分 ホテル発
別のホテルでもう一組を乗せ約50分かけてトントゥータ空港へ

空港に到着し搭乗手続きへ
帰りの便は日本人の方が多かったです

2/17(金) 4日目

帰りも飛行機が30分程遅れました
1時45分発が2時10分発に

SB880 トントゥータ(ヌメア)(02:10)-関空(9:15)

機内食は乗った直後と到着前の2回出ました


長いフライトを終え、日本に帰国
入国の手続きは空いていたのでかなりスムーズにできました

金沢まではまたJRで戻ります

2/17 はるか14   関空(10:16)-新大阪(11:05)
   サンダーバード17 新大阪(11:46)-金沢(14:22)



今回は滞在が2泊4日と短かったですが、
それでも充実し旅になり、本当にいい思い出ができて良かったです

またいつか機会があれば訪れてみたいです
今度はイルデパンなど離島を中心に周ってみたいと思います








スポンサーサイト

| ツアーシステムスタッフブログホーム | 次ページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。