スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マレーシア旅行 ~フライト編~ KAGA-Y


 社員旅行
 第
 行って参りました

 マレーシア

 KAGA-Y
 フライトについてご報告

 今回は
 社員旅行の条件の一つ
 MU(中国東方航空)
 
12月09日(月)
 私達は旅立ちました
 小松空港・航空プラザ(第一駐車場)駐車
 比較的薄着で移動
 (特にHさん
 この距離は意外に辛い

 後から思えば新しく出来た
 第二駐車場に行って見たほうが
 勉強になったかもです。
 第2陣以降の方々
 ご報告お待ちしております

 小松空港へ
 なんと温かい
 
 皆さんと合流

 今回は無駄に
 円→$に両替してみました!!
 1$=106円
 お噂通りお高い

 チェックインの際に
 機内持込荷物も検査
 乗継の方用にシールもくれました
 乗継初心者でも安心感を得られます

 保安検査所でも再度持込荷物の検査
 がしかし
 Kさんペットボトル持込めましたけど

13:30 KMQ MU558 PVG (所要時間 約2時間)
 3/3シート
 モニターは6人で1個タイプ
 なにか暇つぶしを持込みください

 やはりビジネスマンが多い様子
 面白いぐらいに通路側が埋まってます。
 機内食も食べ飽きてるのか何なのか
 召し上がらない方もチラホラ
    
 私は当然いただきました
 お肉or魚の選択
 お肉というより豆腐メインの麻婆豆腐
 お魚はタラ?ちゃんで美味しく頂きました。
 ただ、ゼリーはザラザラして危険なご様子
 そっとラップをして戻しました
 (個人的意見です)
機内食・タラ 機内食・肉

14:55 上海空港~
 乗継は簡単でした。
 (もちろんチェックスルー)
    
 バスに乗り込みターミナルへ
 歩くエスカレーターを前進
 (上海入国される方は右折)
 乗継の方は曲がらず左横カウンターで
 係員にパスポートと航空券を提示

 係員も立ってましたし、
 貰ったシールもあるので
 簡単

 後は無駄に長い順路に従って
 保安検査しつつ
 グネグネ歩くだけ

 エスカレーターで上がれば
 お店や両替所

 乗継時間5時間
 搭乗口は下階で寒い
 お店に入って
 KLで何するか話し合い!!

 一番は端のお店に入店
 (カードドル
 紅茶$6
 うっ高っぃぃ
 ジョ○○ルっ子には堪らないお値段
 乗継で打合
 店隣に無料のお水もありますが
 おいしくない
 ガバガバ飲まないほうが・・。

 暇つぶしに奥まで歩いてたら
 ファミマ発見 ✨
 ただしお支払いは
 元かカード(JCB)のみ
 ドルが使えないとは


 フライトは20:10発なのですが・・・、
 動く気配がありません
 椅子に寝そべったり、
 本を読んだり、
 
 結局
 2時間遅れで出発

22:10 PVG MU539 KUL (所要時間約5時間)
 3/3シート
 モニターは6人で一個タイプ
 
 気持ち
 小松線よりシートがホワホワしてました
 乗継で疲れてそう感じただけかも。

 機内食も食べて
 爆睡
 機内食がっつり
12月10日(火)
03:00 KUL(クアラルンプール)
 モノレールに乗って
 メインターミナルまで移動
 
 日本人が設計した空港とあって
 空港は
 日本語の表記がそこらかしこにあります。

 電光掲示板には
 後何分で荷物でてきますよ
 というカウントダウンまで
 ちょっとあせってしまいます
    
 メインターミナルに着き
 入国審査
 荷物受取後
途中にあった銀行で両替
 2万円=574RM(1RM=約35円)

 一部乗客はベンチで寝てました
 あと数時間で朝ですしね
 電車の始発を待っているのかも

 タクシーチケットを購入
 それしかこの時間
 移動手段がなかったのですが・・・、
 な、なんと
 1台297.8RM(1,0423円)
 高っぃぃ
 深夜料金ってこともありますが・・、
 1時間でホテルへ
 
~滞在中のお話はまたUPいたします。お楽しみに~

12月12日(木)
00:08 列車KLIA駅到着
 エレベーターで出発ロビーへ
 出国手続きすませ
 さっさと中に入ります
 さすがに免税店はほとんど閉店
     
 空港内は木の根っこのように
 たっだ広く
 看板みながら歩かないと
 迷子になりそう
 (方向感覚を失いそう)

 搭乗口少し離れには
 ソファにテレビ(映画放映中)
 10人ぐらいしか座れないけど
 リッチ

 お腹がすいたので
 スタバでコーヒーとマフィンを頼んだら
 カップに私の名前を聞いて書いてくれました!!
 空港天井 星空の様な天井 ぐでん中 
02:38 搭乗開始
 どうやら30分遅れ
 行きのように2時間遅れでなくてよかった

     KUL MU540 SHA (所要時間約5時間)
 行きと同じタイプ
 フライト最後に
 朝食のつもりの?機内食
 パンを忘れられ
 ジャムだけのさみしいお皿が

07:45 上海到着~サム
 やはり30分遅れ
 それでもまだ
 1時間30分も

 乗継方法も行きと同じなので
 楽勝
 
 調子に乗って
 ロープをくぐるという
 ショートカットもできちゃうぐらい
 楽勝
 
 搭乗口はやはり寒い
 Cさんコーヒー買ってましたが、、、
 一杯1000円
 (ただのインスタントの紙コップなのに)
 ぼったくりにも程があるよ

09:25 SHA MU557 KMQ (所要時間約2時間)
 3/3シートで同じですね~
 やはりビジネス客が多い感じで
 通路側だけおもしろいぐらい埋まってます

 見覚えのある機内食のゼリーは残しました
 最後小松に近づいた際
 飛行機に雷が落ちました
 ずごーン

12:30 小松到着~
 検疫係員が
 極上笑顔で出迎え
 逆に恐怖心湧きます

 あとはいつもの流れ
 荷物受け取り
 駐車場へ
    
 日本は寒い
 ヒーヒーいいながら車へ
 比較的薄着で移動するので
 逆に笑えてきます
 

 
 これにてフライト編終了
 他何が起きたか
 また他メンバーが
 up致します

 こうご期待
スポンサーサイト

| ツアーシステムスタッフブログホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。