スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マレーシア旅行 ~マラッカ編~ kahoku k


マレーシア2日目

オプショナルツアーを利用して世界遺産の街、マラッカを散策しました。

7:30
ホテルに迎えのバスが到着しKLセントラル駅へと向かいました。
一日案内してくれるガイドは日本語が堪能なビタさん(男性・30歳くらい?^^)
電車は8:30発でしたが、予定よりも約5分遅れで出発。

マラッカ


ビタさんによるとマレー鉄道は時刻表もあまりあてにならない、
のんびり♪したものだそう。

2時間程でセレンバン駅に到着。
KLより蒸し暑い~
ここから再度バスに乗り、マラッカへと向かいます。


マラッカの象徴でもある、ピンクのキリスト教会が見えてきました^^

マラッカ

まずはババ・ニョニャ・ヘリテージという文化博物館へ入館。

マラッカ

ここでは独自の文化を作り出した、
プラナカン(マレー半島に来た中国系移民と現地女性が結婚して出来た子孫の事)
の生活の様子を知る事ができます。
豪奢な展示が所狭しと並び、
当時の贅沢な暮らしぶりが覗えました。
(館内は撮影禁止でした)


次はチャイナタウンのジョンカーストリートを散策。
道の両側に骨董品や家具、特産物のお店がずらりと並ぶ賑やかな通りでした。


気が付けばお昼の12時、
暑さでバテ、少し歩き疲れた所でビタさんがトライショー(日本でいう人力車?)を呼んでくれました。
可愛くデコレーションされたトライショーは全てドライバーの手作り。
私たちは2組に分かれて、蝶々と花の車に乗りました。
その他、キティちゃんやドラえもんなど、
著作権を完全に無視した車が堂々と走っておりました^^
マラッカ旅行の際は、是非乗ってみてください♪

マラッカ

マレーシアの暑い空気と、人々の冷ややかな視線を浴びながら、
派手派手なトライショーは私たちを次の観光地へと無事運んでくれました^^

到着したのは青雲亭(チェン・フーン・テン)と呼ばれるマレーシア最古の中国寺院。
過半数は観光客でしたが、現地の人たちは真剣にお参りしていました。

この後は私たちが楽しみにしていたランチの時間^^
ニョニャ料理(マレー系と中華が融合した料理)を食べました。
たまにピリ辛ですがどの料理も美味く、写真を取り忘れてしまいました^^;

午後から最初に私たちが向かったのはセントポール教会。

マラッカ

ここはフランシスコザビエルが宣教していた丘の上にある教会です。
ビタさんの説明によるとザビエル師の死後、一時遺体が安置されていたそうですが、
全く腐敗しなかったそうです。不思議ですね~。

教会を降りると、サンチャゴ砦に到着。
マラッカを占領したポルトガルがこの砦を作ったそうです。
その後にマラッカを占領したオランダも要塞として使用したのだとか。
今は石造りの門と大砲だけが残っていました。
マラッカ

このような感じで私たちは一日マラッカの街を満喫しました^^


様々な国に支配された歴史を持つマラッカ。
それだけ貿易や東西交通の中継点として重要な場所だったという事が、
この街を歩いていると肌で感じる事ができます。









スポンサーサイト

| ツアーシステムスタッフブログホーム | 次ページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。