FC2ブログ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハワイ研修・3日目&最終日~byかほく・となみKO


3日目は9時に集合だったので朝食を買いにお出かけへ

これまで毎日お腹いっぱいご飯を食べ続けたので
この日は軽めにアイスを買いに

いろんな味のシャーベッドが売っているお店で書かれている字もかわいいです
アイス

最近はインスタでも話題のようです

私はマンゴーシャーベッドを買いました!!
アイス2
さっぱりしてて食べやすく、意外と量もあるので朝食はこれだけでも満足でした

ご飯を食べたあとは、
「ANA’s Vacation GO GO 東海岸カイルアライン」に参加

こちらはハローツアーにお申込のお客様が日本で申込をされると無料のオプションです。
運行曜日が決まっているのでその点注意が必要

カイルアはホノルルから40分ほどの距離にある街で、よりハワイのローカルを感じられる街です。
また、ラニカイビーチという全米で№1とも言われるビーチがある街です

カイルアはレンタカーがないと行きにくい場所です。
車の運転が不安な方にはこのオプションは最適

集合はDFS・Tギャラリア(免税店)に9時半
他社のツアーもこちらで集合が多く、たくさんの人がいました。
その為、到着時に渡されるツアーシールを貼って集合です
このステッカーを貼ることで他のツアーに紛れる心配はありません

車に乗り込み出発
ワイキキを出てすぐ、車窓越しにダイヤモンドヘッドを見て車は進みます

最初の立ち寄りスポットはハナウマ湾展望台!
GOGO.jpg
やはり海は透き通っていってきれいでした
この地よくパンフレットに載っていることも多いスポットです
シュノーケリングに行くツアーもオプションであります
GOGO1.jpg
15分ほ滞在し、写真撮影を終えて出発

次の目的地はハロナ潮吹き穴!
岩がごつごつしていて波うち際まで押し寄せ、
潮が岩と岩の間から吹くことで潮吹き岩と呼ばれています。
GOGO2.jpg
ちゃんと説明を聞かないとどこに来たかわからない感じがします・・・

約10分ほどで見学は終わり、サンディ・ビーチ、
マカプー岬を車窓から見ながらカイルアタウンへ

カイルアでは自由散策です
日程表記載は2時間フリータイムでしたが、少し早めに到着したため、
約3時間ほどフリータイムがありました

思っていた以上に時間があったのでレンタサイクルをして海へ行くことに
カイルアオーシャンアドベンチャーズでレンタルをしました
最初の受付時、自転車を全て貸出しているとのことだったので、
自転車が戻ってくるまでの待ち時間の間に少し買い物へ

ちなみにレンタサイクルのお店はこちら以外にも数件あります。

レンタサイクルのお店から歩いて3、4分のところにあるホールフーズへ。
GOGO3.jpg
こちらは日本未上陸のオーガニック商品を中心に取扱うスーパーです
GOGO7.jpg  GOGO5.jpg
この商品の並べ方をご覧いただければわかると思いますが、
日本とは少し違ったスーパーで回っているだけでも楽しいお店です
シリアルの量り売り等珍しいものが多いです
GOGO4.jpg
ホールフーズのオリジナルグッズも人気(特にエコバッグ)
GOGO6.jpg

そんなこんなで店内と回っているとそろそろレンタサイクルが借りれる時間に
ちなみに買い物を先にしても荷物はレンタサイクルのお店で預かってくれます

自転車の受渡の前に店内でお支払い
2時間で12ドル!支払い時、署名をして鍵を受け取ります
出発前に少し練習~日本の自転車とは異なり、ブレーキは反対にこぐと効きます
練習後いざ、出発
海までに行き方は口頭で説明があり、マップもいただけます

ハワイの場合は、歩道を走ることが法律で禁止されています
車道の一番端を走る必要があり、車が右側通行なので自転車も右側通行

自転車で15分ほど走るとカイルアビーチに到着
GOGO10.jpg
ワイキキの海もきれいですが、やはり中心部より離れたところの方が、海の透明度が違います
GOGO8.jpg  GOGO9.jpg
「あ~入りたい、でも我慢」ということでしばしぼーっと眺めていました

カイルアビーチよりさらに奥にあるラニカイビーチは全米で最も美しい海に選ばれたビーチ
今回は行きませんでしたが・・・

カイルアビーチからダウンタウンに自転車で戻り、またまたお買い物
昼食の時間ということもあり、再度ホールフーズにてアヒポキを購入
アヒとはマグロという意味で、簡単にいうとマグロの漬けのような感じです!
ラニカイジュースでフルーツジュースを買い、昼食です
GOGO11.jpg
味は・・・魚はやっぱり日本海で取れたものに限りますね

昼食後、自転車を返却し再集合
ワイキキへと戻りました

15時頃にTギャラリアに到着。
ホテルで少し休憩をし、最後のホテル見学へ

この日の1件目
「モアナ・サーフライダーウェスティンリゾート&スパ」へ

モアナ
1901年創業で今年で116年目。
ワイキキ最古のホテル。
白亜の宮殿と呼ばれ、内装はヨーロッパ建築を思わせるような造り。
モアナ1
3つのウィングからなり、
バニヤンウィング(本館)・ダイヤモンドウィング・タワーウィング。
一番人気はタワーウィング。
主にウェディング・ハネムーン・女子旅利用する方が多く、
45~50%日本人が宿泊割合を占める。

シェラトングループの中でもウェスティンになるとサービスの質が上がる。
ベッドはヘブンリーベッドでやわらかめ、ベビーベッドもヘブンリーベッドを用意。
もちろんアメニティの質も上がる。
バスローブ等もお部屋に用意されています。

チェックインは日本人専用カウンターにて行います。
これは今年度からの実施とのこと。
モアナ2

お部屋の広さは平均して40㎡(ラナイ含む)。ラナイのある部屋がほとんど。
オーシャンビュー、プレミアオーシャンビュー(ダイヤモンドヘッドと海が見える)、
シティービューと部屋タイプがある。
基本的にウォシュレットはついていますが、本館のバニヤンはウォシュレットなし。
バスタブも90%のお部屋でない場合が多く、ハンドシャワーのみ。
お部屋にiPadが置いてあり、館内の説明等が見れます。

ウェディングのお客様に人気のホテルと前述しましたが、
ホテルが運営しているチャペルではなく、テナントが経営するチャペルで
1日10~15組挙式を行っています。ウェディングフォトだけの方も多いとのこと。
そのため、ダイヤモンドウィングとタワーウィングの客室にはドレスフックと全身鏡を用意。

客室は
「タワーウィング タワーデラックスオーシャン」「タワーウィングタワープレミアオーシャン」を見学
モアナ7  モアナ6
モアナ5  モアナ4


続いて2件目はモアナからも歩いてすぐ!!
「ロイヤルハワイアンホテル

1927年創業の今年90周年のホテル。
ホノルルで3番目に古いホテルで「ピンクパレス」と呼ばれています。
ロイハ
中庭があるのが特徴のホテルで本館はガーデンビューが多く、
2年前に出来た新館(マイラニタワー)はオーシャンフロントのみとなっている。

もともと、昔は飛行機ではなく航海をしてハワイにやってきていた方用に
海は見飽きているのでガーデンビューということで作った名残でガーデンビューが多くなっている。
ロイハ11

本館は天井が高く、前述通りガーデンビューが多い。
もちろん海が見えるお部屋もあります!
ドアも歴史を感じる素敵な造り。
ロイハ16
日本人は約20%で少なめ。3分の2のお部屋はバスタブ有。
コネクトは1フロア4つ用意。

見せていただいたお部屋は「ヒストリック・ガーデン」
ロイハ12  ロイハ13
ロイハ14  ロイハ15
ダブルもしくはツインで対応。

続いて新館マイラニタワー。
マイラニ専用のチェックインカウンターがあり、日本語スタッフも常駐。
さらにマウラニ専用のラウンジを設けており、朝食やドリンク、軽食等のサービスもある。

見せていただいたお部屋は「マイラニ・タワー・オーシャン・フロント」
ロイハ3  ロイハ4
ロイハ5  ロイハ6
ロイハ7  ロイハ8
ロイハ9  ロイハ10


このお部屋はキングサイズベッドでしたが、ツインもあります。
バスタブ・ウォシュレット付。バスローブも用意があります。
これは本館・新館共通ですが、マリエオーガニクスのアメニティを用意。
ベッドもラグジュアリースリーパーを採用。

続いて最後のホテルは
「シェラトン・ワイキキ
SW4.jpg

こちらもロイヤルハワイアンのお隣で歩いてすぐです。

部屋数は約1600室、ウィングは1つだけです
日本人は約65%。日本人スタッフも常駐しているので初めての方でもOK
エレベーターは11基あり、客室は4~31階。
SW1.jpg

お部屋タイプはオーシャンビュー、オーシャンフロント、
ダイヤモンドヘッドビューデラックスオーシャンフロント、シティービュー、マウンテンビュー等がある。

部屋からの景色のいいお部屋は部屋が狭く、景色が悪いお部屋は部屋が広い。

海側のお部屋タイプは部屋の広さは同じ。
オーシャンフロントのお部屋のみ洗面所のところを開けることができ、そこから海が見える。
オーシャンフロント以上のお部屋がウォシュレット有。
その他、ルームサービス・ランドリーサービスがある。
お部屋にはiPadがあり、日本語でホテル案内等確認出来る。

その他、Wi-fiはホテルで利用可能で2017年4月以降は
1室に1台ルーターの貸出を行うサービスを開始とのこと。

今回、ホテルが満室に近かったので空いていたお部屋タイプの
「オーシャンフロント」を見せていただきました
SW2.jpg  SW3.jpg

お客様の予約を受ける場合、部屋指定なしが多いので
部屋指定なしにされるとどのようなお部屋タイプになることが多いですか?
と質問したところ、シティビューやマウンテンビューの割合が3割なので確立的には
海側になることが多いとのことでした

ホテル見学後はシェラトンワイキキの「カイ・マーケット」にて夕食
皆さん揃って最後の晩餐です
カイ・マーケットはディナービュッフェとなっています。
SW5.jpg  SW7.jpg
SW6.jpg

窓の外には海も広がっており、テラス席もあります。
夜になると暗くなるのでサンセットの頃に行くのがおすすめ

明日の帰国のために早めに帰って準備をして就寝

~帰国日~
到着日に滞在中のご案内の中に同封されている書面に帰国日のお迎えが記載されています。
荷物はホテルのお部屋の入り口付近に置いておくと取りに来てくれます。
荷物は8:50までにパッキングをして用意!
お迎えは10時頃でした

その前に最後のモーニングへ
同じお部屋の方の知り合いのガイドさんがお迎えにきて下さいました

ホテルから10分ほど走るとある、ニューオータニカイマナビーチホテルの中にある
「Haw Tree Lanai」にて朝食です
attachment00 (3)

こちらでいただいたのはエッグベネディクト
SW
やはりこちらも朝からボリューミー

とってもおいしかったのですが、やはり量は多い・・・

あまり時間ないので朝食を早々に済ませホテルへ

一度部屋に戻ると荷物はもうなく、少し休んでからチェックアウト。
皆さん集合をして混載のバスにてホノルル空港へ。
私たちのバスは他に1件別のホテルに立ち寄ってから空港へ向かいました。

到着後、すぐに荷物を預けてチェックイン!
その後、手荷物検査へ。
ハワイの場合、入国審査が長く厳重ですが、出国の時はあっさりしています

早々に検査を済ませ、免税店エリアへ。
SW8  SW9.jpg
ワイキキの免税店にて今回買い物をしたのですが、通常の空港だと受取のカウンターがある感覚だったのですが、
受取場所が地図には記載なく・・・。
ちょっと不安になったのでショップの方に尋ねると搭乗口でもらえるよとの回答。
本当かなと半信半疑でした。

搭乗口は恥なので早めに移動をしてのんびり。
飛行機搭乗の列に並んでいる際にようやく免税品受取!!
本当のギリギリまでもらえないですが、受取が出来て一安心

ANA185 ホノルル(19:50)-羽田(17:25)+1 

SW10.jpg
帰りが風向きが変わるので約9時間50分のフライトです
機内食は2回出ました
SW11.jpg  SW12.jpg

途中アイスも配っていたようですが、爆睡しており食べれず残念

短いようで長いフライトを終え、帰国
ハワイはあんなに暖かかったのに日本は寒い
一瞬でハワイに戻りたくなりました

行きは小松で預けた荷物はホノルル引取でしたが、
帰りは税関申告のため、預けた荷物は必ず受取が必要です。

荷物を引き取り、到着ロビーへ。

ここで小松組と富山組それぞれの飛行機に乗る為解散です

国際線到着ロビーの同じフロアに国内線乗り継ぎ保安検査があります。
そこで手荷物検査を受け、バスで国際線ターミナルへ移動。

帰国時もラウンジが使えたので国内線ラウンジへ。
国際線の際は食事等も用意されていましたが、
国内線ラウンジは軽いスナックと飲み物の用意がありました。

搭乗口へ移動し、この旅最後のフライトへ。

ANA759 羽田(19:50)-小松(20:50)

荷物を引取、小松組の皆さんともここでお別れ

今回、ハワイの研修に参加させていただいて普段パンフレットでしか見ることのなかった、
ホテルを見学させていただいてとても勉強になりました。
今まで販売していた感覚とまた違った視点からご案内出来るよう活かしていけたらと思います。
貴重な経験でした

| ツアーシステムスタッフブログホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。