FC2ブログ

ベトナム6日(2日目) by Kahoku-S


7時起床。とりあえず身支度を整えて朝食。
レストランはリバーサイドのオープンカフェのようなところでした。
雰囲気ばっちり♪
基本、卵料理が好きなのでオムレツをオーダー。が、、、、
鬼のように油を引くのがベトナム式。どぼどぼどぼ~~!って感じで油を入れる。
胸焼けひどす・・・orz

気を取り直してホイアン観光。
まずは日本人橋へ行きます。ホテルから徒歩10分ほどで到着。
橋なので当然のごとく川があります。
しかしご丁寧にも激写スポットに簡易橋が架かっています。
さすが日本人橋。異国の地でも他人への気遣いばっちりです。
いかにも日本人って感じです。
日本人橋
その後、市場へ向かいます。アジア特有のごちゃ!とした感じの市場。
否が応でも東南アジアを感じます。
ホイアン市場
Sはいつも着替えは現地購入なので目標は服です。
店に入ると待ち構えていたようにおねーちゃんが服を勧めます。
おねーちゃんのイチオシは「Good Morning, Vietnam」のTシャツ。
元ネタはご存知の通り、ベトナム戦争を描いた、文字通り「全米が泣いた」映画です。

それはそうと全米が泣くってすごい表現だな・・・アメリカ人どんだけ涙もろいんだよ。

おねーちゃんが5万ドンとか言ってくる。
たけえよ。今時ダ○ソーでもそれくらいで売ってるよ。
3枚で5万ドンなら買うわととりあえず値切る。
しかしおねーちゃんもお人よし日本人ごときに負けるわけにはいかないらしく、
「3枚なら10万ドンだ!」
とふっかけてきます。
残念ながら日本人だけどお人よしではないんだな、これが。
ズボンも買う予定だったので
「ズボンつけて10万ドンならいいよ」
と言ったところでめでたく交渉成立。
戦利品:Tシャツ3枚+ズボン 10万ドン(約500円)

汗をかいたのでホテルに戻り、軽くシャワーを浴びてから現地ガイドと合流し、
一路ミーソン遺跡に向かいます。
イケメンガイドのホンさんと運転手さんは・・・
ノッチだ!ノッチがおる!と見間違いそうなほどノッチに似てるグエンさんです。
ミーソン遺跡までは約1時間です。途中の風景はのどかな田園風景で遠くに山が見えます。
水牛がのんびり草を食べ、アヒルが道をせわしなく行き来し、天秤棒を持ったおばあさんがゆったりと歩いています。
ミーソン周辺は山に囲まれ、温かい海からの風が高度に上り冷えて雨になるため雨が多いところだそうです。
この日も雨が降っていました。

そうこうしてるうちにミーソン遺跡到着です。
ミーソン遺跡はチャンパ時代の遺跡で、
一番古いタワーは7世紀後半のものになります。
隣国カンボジアのアンコール遺跡とは比較にならないほど小さい遺跡ですがいろいろとおもしろいです。
遺跡修復のために新しいレンガを追加したところ、
数年もしないうちに崩れてしまうのに、
7世紀に作られたレンガは凛として綻びさえ見せません。
むしろ後の遺跡のほうが劣化が激しい。
つまり、7世紀の建造技術は後世に伝わっていないということです。
東南アジア史はそれほど詳しくないのですが、
11世紀にも及ぶチャンパ王朝とは言え、
いくつかの断絶を経験している証左となっています。
ミーソン聖域1 ミーソン聖域2
遺跡を見てまわるとところどころに溜め池のようなものがあります。
ホンさんに聞くと米軍爆撃の後とのこと。
ベトナムでは到る所にベトナム戦争の爪痕が残されています。
もちろん、ミーソン遺跡はベトコンの軍事拠点だったので米軍も爆撃したわけですが、
なんとも割り切れない部分もあります。
爆撃跡

2時間かけて遺跡を見学し、フエに向かいます。
ちょうどお昼頃だったので食事を取ることにしました。
狙いはホイアン名物の「ラン カウ」です。
ベトナム風伊勢うどんと言えばわかりやすいでしょうか。
Sのリクエストでレストランではなく、現地の人が行くお店にしてもらいました。
ハエが飛び交い、犬がごろごろとテーブル下で寝そべるようなお店。
まず女性なら入らないでしょうね。
だけど味は絶品でした。もっと野菜をどば~~~っと入れたかったのですが、
いまだに枯葉剤の影響が残っていると聞いたので断念。
しかしホンさんもノッチもSもおかわりまでしてがっつきました。

満腹になったところでフエに進路を取ります。
昨日着陸したダナンを通り過ぎていきます。
さすがにベトナム第3の都市であるダナンは近代的な街です。
リゾートとしてビーチやゴルフ場も整備され外国人向けマンションの建設ラッシュ。
値段を聞いてみると3000万円くらいとのこと。
ベトナムの貨幣価値からするととんでもない金額です。
でも老後はこんなところで過ごしたいかも・・・

ハイヴァル峠トンネルを越えてフエが遠めに見えてきました。
それにしても道悪すぎ!ところどころアスファルトが剥げて危なすぎるのです。
でも関係ねえ!とばかりにノッチとばすとばす。
前に車がいるとクラクション鳴らして煽りまくりです。
「クラクション鳴らすくらいならおまえが車線チェンジ!しろよ・・・ノッチだけにwwww」
と心の中でつぶやいてました。

そして古都フエ到着。ホテルはインペリアルフエです。
フエで2つある5つ星ホテルの1つで、日本語が出来る係員もいて安心です。
女性スタッフがフエ王朝宮廷衣装を身に着けてるのも
なかなか風情があっていいです。
客室からはフォーン川とその向こうにある王宮が見えて眺望もなかなかです。
すれたホーチミンのホテルよりもずっといいサービスでした。
インペリアルフエ 部屋からの景色
この夜はホンさんおすすめのヤギ肉料理。
焼きヤギに、煮ヤギに、蒸しヤギとフルコース。
なぜかホンさんの友達が途中合流して宴会に・・・なんでやねん・・・
3人で散々飲み食いして20万ドン(約1,000円)やすっ!

明日は古都フエ観光をしたあと、フエ空港からホーチミンに向かいます。

| ツアーシステムスタッフブログホーム |