FC2ブログ

社員旅行4班~メルボルン~1日目から2日目ホテル到着まで


3/2(月)~3/6(金)
女子社員3名でメルボルンへ行ってきました

今回の行きの行程です
3/2(月) ANA3124 小松(14:30)-成田(15:55)
3/2(月) QF80 成田(19:20)-メルボルン(07:55)+1


まず、小松空港でANAカウンターでチェックイン!!
ANAとカンタス航空は同じアライアンスではないので、
チェックインも小松・成田でそれぞれの航空会社で
チェックイン・荷物預けが必要です

その際に注意しなければいけないのが荷物の重量
ANAは国内線なので20㎏まで、
カンタス航空の規定は30㎏までとなっています。
行きは大丈夫ですが、帰りは荷物が増えるので特に注意が必要です

飛行機は定刻より少し早めに小松から成田へ。
ANAの国内線は成田第1ターミナルへ到着
カンタス航空は第2ターミナルなのでターミナル移動が必要です

ターミナル移動の前に夜便になるのでシャワーを利用しました
成田ではいくつかシャワールームがあるのですが、
今回は出国審査前の第1ターミナル2階のシャワールームへ。

通常料金は30分1050円なのですが、
今回はターミナル移動が生じるためなのか
30分500円で利用出来ました
_convert_20200308181724.jpg   1_convert_20200308181925.jpg

シャンプー&リンスとボディーソープ・タオルは備え付けのものがあります
ドライヤー等もあるので便利です!!
水もサービスでついてきます。

さっぱりしたところで第1ターミナルから第2ターミナルへ移動
ターミナルは無料の巡回バスが出ているので約10分ほどで到着
その間、スーツケースも一緒に大移動です

第2ターミナルに到着後はカンタス航空チェックインカウンターへ
ちなみにカンタス航空はオーストラリアおよび南半球最大の航空会社です
その後、Wi-Fiを引き取り、食事を済ませ、保安検査・出国審査へ
新型コロナウイルスの影響か、いつもより人が少なく感じました

ターミナル移動等もあったので意外と時間はなく、
あっという間に搭乗口へ行く時間となりました。

ちなみに私は今回、成田の出国審査後にしました。
約2万円を両替して250オーストラリアドルでした

搭乗時間ギリギリに到着し、ホッとしました
慌てて行ったものの、機内清掃等準備が遅れているとのことで
30分以上待ちぼうけを食らいましたが、なんとか搭乗出来ました
出発も30分以上遅れましたが、なんとか離陸

カンタス航空の飛行機は2・4・2の配列で、
私達は3名だったので行きは真ん中の座席3席並びでした。

約10時間35分のロングフライトですが、
エンターテインメントは映画・音楽・ゲームなど日本語対応で充実しているので心配はないです。
USB対応でスマホの充電も可能
ただ、他の航空会社と違うのは離着陸の際は、
イヤホン・USBなども全て外すようにとの指示でした

機内食は2回出ました
_convert_20200308182117.jpg
離陸後の食事が一番メインでした!!
3種類ありましたが、座席が後ろの方なので、来たときは2種類しかなく

海外の航空会社の日本食は怖いのですが
寿司の盛り合わせを試してみました
_convert_20200308182354.jpg
日本発便なので、意外とおいしかったです

写真でミッドナイトと書かれているメニューは、
恐らく寝ていたのでスルーされています

着陸前に2回目の機内食が出てきました。
朝食なので軽めの食事です
_convert_20200308182618.jpg

夜のフライトなので寝ている時間も長いせいか、
体感的にはあっという間に到着

到着後、入国審査。
入国審査は簡単で機械にパスポート顔写真ページを読み取らせ、質問事項に回答。
出てきたチケットを受け取り、
その先にあるスマートゲートにチケットを通し、
顔写真を撮影してゲートオープン。これで終わりです。

次に荷物引き取り

その後、ドキドキの税関申告です
私の中で今回一番心配していたのが、税関申告
オーストラリアは固有の生態系を守るため、特に検査が厳しい国
食べ物や常備薬など持ち込みの申告が義務付けられており
税関申告書には虚偽なく記入しなければ、罰金が科せられます
機内でも映像で注意喚起されているほど

今回は常備薬を持っていたので、税関申告書に記入
順番に通され、入国カードを係員に提出。
英語で少し質問がきました
Q「何を持ってきましたか?」→A:常備薬です。
Q「粉薬ですか?錠剤ですか?」→A:錠剤です。

これを答えただけでスーツケースを開けることなく、
検査が終わりました一安心です

3人中1人はスーツケースを機械に通すことになりましたが、
何とか無事全員クリアできました

到着口を出ていよいよメルボルン市内へ移動
天候は曇り季節的には秋ですが、思っていたより寒いです

IMG-0354_(1)_convert_20200309180611.jpg
今回の移動手段はスカイバスを利用
IMG-0352_convert_20200309180301.jpg IMG-0355_convert_20200309181009.jpg


チケットは乗り場近くの機械で購入
機械は何か所もありました!
IMG_0871_convert_20200311122114.jpg
支払いはカードのみ。

片道19.5ドルで24時間運行で本数も多く、便利
メルボルン市内のサザンクロス駅まで約30~45分。
大きい荷物、スーツケースも2つまで預けられます
スカイバス車内はWiFi無料ですが、速度は遅め
サザンクロス駅から、ホテル送迎バスも無料ありますが、
今回はトラムに乗ってホテルまで移動しました
IMG_0873_convert_20200311122222.jpg
メルボルン市内とトラムは無料なのでとても便利

ホテルに到着したのは、10時すぎでした
今回泊まるホテルは「ブレイディーホテルセントラルメルボルン」
観光やお買い物、何を取っても便利なのでこのホテルは選びました
部屋の中はこんな感じです。
IMG-0452_convert_20200309181409.jpg IMG-0453_convert_20200309181635.jpg IMG-0454_convert_20200309182404.jpg

ホテルのチェックインを担当してくれた女性スタッフが、
とても親切でフレンドリーな方でした
マップを広げて街の案内も少ししてくれました

チェックインは14時からでしたが、
2部屋中1部屋は準備が出来ているのことで
スーツケースを置いていざ、お出かけです

| ツアーシステムスタッフブログホーム |