ボンジョルノ!南イタリア 【アルベロベッロ&マテーラ編】 Nanao-MK


【3日目/月曜日】晴れ

≪AM07:15≫ コンチネンタルの朝食。
≪AM08:10≫ ホテルを出発し、徒歩でトゥルッリ地区へ


イタリアのプーリア州にあるアルベロベッロ。
この街は、『トゥルッロ』と呼ばれるとんがり屋根に白い壁の家屋が続く
メルヘンチックな街で、独特の住居形態が残ることから世界遺産に
登録されました

トゥルッリ地区 トゥルッロ屋根 トゥルッロ
『トゥルッロ』=石を積み重ねて石炭を塗った壁に円錐(えんすい)形の屋根を乗せた家屋。→複数形は『トゥルッリ』。
屋根のマークはキリストやマリアを表すそうです


現在は、住居はもちろん、土産物屋やレストランとして利用されています。
日本人観光客も多い様で、みやげ物屋の店先では『いらっしゃいませ~!』
と日本語の呼び込みも多く聞かれました
余談ですが、1軒だけ『ようこの店』という日本人がやってるお店もあります
国際結婚だそうです。
みやげ レストラン3


≪AM10:00≫ 約2時間の観光を終え、お次は世界遺産の街『マテーラ』へ。
        【約67km】の移動ですっ

≪AM11:30頃≫ マテーラ到着。
        
この街は、カルスト地形の谷間に重なる洞窟住居『サッシ(石・洞窟の意)』で
名高い街です。海抜400mに位置し、人口6万人のうち約2000人が現在もサッシで生活しています
なんと1万年程も昔から人類が生活を始めた土地らしいですよ。
キリストの受難を描いた、映画『パッション』のロケ地でもあります
マテーラ全体 マテーラいわば 洗濯物


≪PM13:00≫ 約1時間の観光を終え、昼食タイム。


≪PM14:15頃≫昼食を終え、いよいよ南イタリアの大都市ナポリへ。
         【約257km】の移動です


≪PM19:40≫ ナポリ到着。
            到着後は、レストランに直行。夕食タイムです。

【前菜】レタスの盛り合わせ
【メイン】ピッツァマルゲリータ(直径30㎝/1枚)
【デザート】トルタ・カプレーゼ(カプリ風チョコレートケーキ)
大きさが適当すぎる・・・   
ピザ トルタ・カプレーゼ
ナポリの到着が遅れた為、レストランでの夕食タイムは45分
昼食もボリュームがあったので、殆どの人がピザを半分程残してました。
そんな中、友達一人は1枚完食してました すばらしい!




≪PM21:00頃≫夕食を終え、ホテルに到着。
       ナポリでの寝床は『アメリカンホテル』。今回唯一の連泊となります
アメリカンホテル アメリカンホテル2 アメリカンホテル3


◆明日の午後はナポリで自由行動があるので、みんなで打ち合わせ
今回最大メインの目的地【ポンペイ】へ自分たちで行く為のルート確認です。

がっ またしても問題がっ

じつは、ナポリに着いたこの日まで大々的なストが決行されており、
タクシー、電車、バスなどの交通機関が全てストップしていました。。

ホテルのフロントマンの情報だと、明日以降は解除の予定だが余韻が残って翌日もストップする事もあるんだとか・・ 


◆ツアーでポンペイのオプションもありましたが、金額が高かったという事と
自分たちで公共交通機関を使って行くという目的もあったのでこの日の夜
は焦る気持ちの中、みんなであらゆる手段を考えながら過ごしました。


ひとまず添乗員さんにも相談しながら、万が一 翌朝も交通機関が復活してなかったらオプショナルツアーに急きょ参加出来るか手配元に確認してもらう事に。(既に夜だった為)

曖昧な予定で不安な気持ちのまま今夜は就寝です 
明日に期待を込めてオヤスミナサィ(就寝AM2:00)    

| ツアーシステムスタッフブログホーム |