FC2ブログ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NEW CALEDONIA bySHIMENO KO


2/15(水) 2日目

朝6時に起床の予定が…
アラームの音が鳴らず45分寝坊
朝から怒られてしまいました…

急いで着替えをすませ
メリディアン内のレストランで朝食を取りました
メリディアンでは朝食が必ずついてきます

お部屋に戻って準備をしましたが、寝坊した割には
早く準備ができたのでほんの少しだけホテル敷地内をぶらぶらしてみました

この日はお天気が良かったです
ロビーからお庭に出て歩いていくとプールがありその奥にはもう海が広がっています
海1  プール1

昨日到着した時は真っ暗だったので全くわかりませんでしたが
もうめっちゃきれいでしたね
一瞬で癒されました


7時50分にオプションのお迎えが来るのでロビーで待っていました
今回申し込んだオプションは
ヌメアから船で45分で行ける離島「アメデ島クルーズ
オプションは日本で事前に申し込みをしました
ちなみに価格は日本円で一人11,580円です
ニューカレドニアは離島の方が海がきれいなので
離島観光は欠かせないですね


大型バスでヌメアの主要ホテルを回り、参加者を乗せ
船の出発地ヌメア中心部のモーゼル湾へ送迎してくれます

船乗り場では陽気なおじさま3人がギターに合わせて歌でお出迎え

8時30分 高速船マリーD号アメデ島へ向けて出港

9時15分 約45分のクルーズでアメデ島に到着
マリーD1 灯台1

アメデ島シンボルのアメデ灯台が見え、
海の浜辺の砂も本当に写真のようなきれいさでした
またお天気も本当によかったので景色は最高です

島について昼食までは自由行動
のんびり景色を眺めたり、シュノーケリングをしました
アメデ海1

比較的浅いところで水中に顔をつけなくても魚が見えたので
本当に海がきれいだなと改めて思いました

11時からリーフクルーズがあり、
マリーD号に乗って世界遺産に登録されたバリアリーフを見学
海の色がこれまた浅瀬とは違うなんとも言えない色でとてもきれいでした
乗務員さんがパンを海に投げろと言うので投げてみましたが、
大きな魚がちらほらよってきました
運が良ければ、イルカにも遭遇できるそうですがこの日は残念ながら
見れませんでした

島に帰るとお昼の時間になりました
このオプションでは昼食付きプランとなっています

食事会場には参加者全員が集まり食事をします
朝、港で出迎えてくれた陽気なおじさまたちが楽器を演奏しているなかでの昼食です
おじさま1

食事の途中タヒチアンダンスショーも披露されました

食事の形式はバイキングです
シーフードがやはりおいしいですね
昼食1

バナナを焼いたデザートはさつまいものような味がしておいしかったです
フルーツ1

昼食後も自由行動になります

アメデ島のシンボルであるアメデ灯台に上りました
このアメデ灯台はパリのエッフェル塔のモデルとなったと言われています
中は螺旋階段になっておりその段数なんと247段
階段1

めっちゃしんどかったのですが、せっかくなので頑張って上りました

上は風がすごく強かったですが、超絶景でした
日本で見たガイドブックそのままの景色で感動でした
灯台景色1


頑張って上った灯台をおりて、ビーチに戻る途中ポストを発見
黄色くってなんだかかわいらしい
ポスト1

ちなみにアメデ島の消印がおされて届けられるそうです
島の中には売店もあるのでそこでハガキと切手を購入できます

島を一周してみましたが、とても小さな島なので
歩いて15~20分くらいで周れました
同じ島の中でも海のきれいさは場所によって異なってました

少しのんびりした後はグラスボードに乗りました
沖まで出ていく前から小さなサメが船にへばりついていました
ボートからパンを投げて魚を集めるのでそれをサメは知っていたのでしょうね
沖に出てパンを投げると魚がうじゃうじゃよってきてすごかったです
ボート1

リゾートらしくカラフルな魚がたくさんいました
ボートを降りてシュノーケリングもできたのですが、
本当に魚がめちゃくちゃ寄ってきてびっくりでした
写真には撮れなかったのですが、カメもいました

その後、島に戻りまた少しのんびり過ごし出港の時間に
16時15分頃 アメデ出港
17時00分頃 モーゼル湾に到着

お見送りの時も陽気なおじさまが演奏してくれました
蛍の光を演奏していました
まさかニューカレドニアで聞けるとは

船を降り、送迎のバスに乗り換えホテルへ

ホテルに到着したのは17時30分すぎ

着替えを済ませ、夕食とおみやげを購入するため外に出ることにしました

ニューカレドニアの主な交通手段は観光シャトルバス・市営バス・タクシー
観光シャトルバスは旅行者向けですが、運行が17時までで
市営バスも時刻表がなく、時間も遅かったためタクシーで移動しました

ニューカレドニアは日本のように流しのタクシーがいないので
ホテルやレストランで手配してもらうのが一般的です
唯一タクシー乗り場があるのはヌメア市内のココティエ広場です

ホテルのフロントでタクシーの手配を依頼し
タクシーでラ・プロムナード・ショッピングセンターに向かいました

ニューカレドニアは通常お店などは18時30分で閉店してしまいます
この日は時間も遅かったのでおみやげ屋さんで遅くまで空いているお店を
チェックして向いました
日本人の方が経営しているお店でアクアというお店です
このお店は20時まで営業しています
ニューカレドニアのおみやげを販売しているお店で
日本語で商品の説明書きもされていて日本人の方には安心ですね

おみやげ購入後、飲物などを購入したかったので
アクアの方にコンビニのようなところはありますか?と尋ね
教えていただいたお店へ向かいました

本当にローカルな感じのお店で飲物やおかしなどを買いました
あまり買い込んでないにも関わらずお会計は2,500パシフィックフラン
恐ろしく物価が高いのをここで改めて痛感しました

その後、ラ・プロムナード・ショッピングセンターに戻って
オープンテラスのカフェで夕食をとりました
こちらのお店では日本語のメニューがありました
スタッフも日本語をしゃべれる方がいたのでよかったです

私たちが頼んだのは4種のチーズピザ、ニューカレドニア産エビを使用したパスタ、
デザートにシャーベットです
ピザは写真ではサイズがわかりにくいですが、かなり大きいです
ピザ

エビはやっぱりおいしいですね
パスタ

シャーベットはあまりの大きさにびっくりです
アイス

このお会計はなんと約7,000パシフィックフラン
普通のお店でこの価格とは…
さすがニューカレドニア

お腹いっぱいになった後は運動のため、ホテルまで歩いて帰りました
案外近くて20分くらいで帰ることができました

お部屋に荷物を置いて、メリディアンの敷地内にあるカジノに行ってみました
カジノ

私はあまり興味はなかったのですが…せっかくなので
受付でパスポートを預け、スロット用のカードをもらいました
受付の方は流暢な日本語を話していました

雰囲気だけを楽しむ感じだったのであまり長くは滞在しませんでした
ホテル宿泊者だけではなく、地元の人もかなり通っている姿が見受けられました

お部屋に戻った後は、翌日行くお店などを決め就寝


| ツアーシステムスタッフブログホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。