スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社員旅行2班 ソウル前編 by本社ST


1月15日(日)~18日までの4日間、女性社員4名で韓国のソウルへ行ってきました!

韓国といえば反日、とあまりよく無いイメージを持たれている方もいらっしゃるかとは思いますが、
結論だけ先に言いますと、全くそんなことはありませんでした。
むしろ日本語のメニューや観光地ガイドなど、初めて海外に行く方にも優しい国でした。
ご飯も種類が豊富かつ、美味しかったですし(*^^*)

これから、そんな魅力たっぷりのソウル旅行につきましてご案内していきたいと思います!
これからソウル旅行を検討されている方、まだ予定はないけどちょっと気になる方、ぜひ参考にしてみてください!

【1日目(1/15)】
利用する便は小松空港から仁川(インチョン)空港への直行便KE776便。
フライトスケジュールはこんな感じ↓
小松空港(12:20発)……仁川空港(14:05着)

当日はあいにくの雪もようでしたが、少し出発時間が遅れただけで問題ありませんでした。

搭乗手続きを済ませてようやくKE776便でソウルへ。
機内食は簡単なサンドウィッチが出ました。

約3時間のフライト、少しのおしゃべりや居眠りをするだけですぐ着いちゃいました。

入国手続きを終わらせ、預けていた荷物も無事傷一つ無いことを確認したら、
ようやく自由の身に!

ホテルまでのリムジンバスの乗車券を購入するため、バス乗車券の窓口へ。
窓口でスムーズに乗車券購入…と思いきや、係員さんからなにやらカードの説明を受けることに。
メンバー全員韓国語はチンプンカンプンのため、頭の上は「?」マークばかり。

どうやら説明のカードは『T-Moneyカード』といって、「バス・地下鉄などの交通手段がこのカードにお金をチャージしておけば、
いちいち財布出さなくても良いから便利ですよ」と説明していたようです。
ある程度の金額を両替していたメンバーは、そのカードを買いましたが、
少しの金額しか両替していなかったメンバーは、リムジンバスの乗車券だけを買いました。

無題  無題2
↑空港で購入したT-Moneyカード(左)
 旅行者専用で、様々な免税店の割引券が特典としてついてきていました(右)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


ようやくリムジンバスに乗って、私達が宿泊するホテルのあるソウルで一番大きな街、
明洞へ向かいます。
空港に着いたときにも思いましたが、バス車内も驚くほど無臭。
「韓国に着いたら、まずキムチの匂いがする」は昔の話のようです。

70分ほどバスに揺られて、明洞の街へ到着しました。

少しホテルで休憩した後、夕食も兼ねて夜の明洞を散策していきます!
ここからがソウル旅行の本番です!!

最初の晩餐はハズレを引きたくなかったので、安全重視にショッピングセンター「Mプラザ」内にある、
観光センターでオススメのお店を紹介してもらいました。

少し迷いつつ、(おそらく)目的の紹介してもらった焼肉のお店に到着!
メニューは日本語で、ご丁寧にどんなお肉なのかなどの説明付き。
基本的に韓国は焼肉・鍋類は2人前からの注文になるそうです。

説明付のご丁寧なメニューに加えて、店員のおばちゃんがご丁寧にお肉も焼いてくれました!
1枚1枚お肉を鉄板に並べて焼く日本とは違って、韓国はダイナミックにボウルいっぱいのお肉を
ザバア!と鉄板に盛り付けて、はさみでジョキジョキ!と切って行くスタイルが主流のようです。

そして!ようやく!いただきます!!
無題3



焼いたお肉は唐辛子ベースのたれをつけて、サンチュというレタスのような野菜の葉っぱに挟んで食べます。
唐辛子の風味がいい味を出していて、サンチュの爽やかさがしつこさを感じさせなくしてくれているので、
食べやすくて美味しかったです。

お勘定を済ませた時間が20:00前。夜はまだまだこれからです…。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

適当に明洞の街を散策しつつ、「なんとなく良さそう」というカンだけで次のお店へを決めました。
こちらも日本語のメニューがあり、助かりました。

無題4←お店の入り口。お店自体は階段を上った2階にあります。

そんなワケで、本日2度目の晩餐です。

お通しものっぽいカクテキとチヂミがとても美味しかったです。
1件目は全員ビールを飲んでいましたが、こちらのお店は1件目よりお酒のバリエーションが多かったので、
焼酎・マッコリ・梅酒などひとそれぞれのお酒を頼みました。
マッコリは日本酒のような香りがあり、なかなかクセの強いお酒でした。

無題12←お酒の数々。割るものも氷もなく、ストレートで提供されました。


事前情報もなく、なんとなく決めたお店でしたが、当たりだったと思いますo(^▽^)o

まだまだ1日目の夜。明日はソウル市内観光のため、明日に備えて休みました。
無題7 無題8
↑宿泊したソウルロイヤルホテルの外観(左)と室内(右)
 清潔感があり、アメニティも充実しているホテルでした

ハワイ研修・3日目&最終日~byかほく・となみKO


3日目は9時に集合だったので朝食を買いにお出かけへ

これまで毎日お腹いっぱいご飯を食べ続けたので
この日は軽めにアイスを買いに

いろんな味のシャーベッドが売っているお店で書かれている字もかわいいです
アイス

最近はインスタでも話題のようです

私はマンゴーシャーベッドを買いました!!
アイス2
さっぱりしてて食べやすく、意外と量もあるので朝食はこれだけでも満足でした

ご飯を食べたあとは、
「ANA’s Vacation GO GO 東海岸カイルアライン」に参加

こちらはハローツアーにお申込のお客様が日本で申込をされると無料のオプションです。
運行曜日が決まっているのでその点注意が必要

カイルアはホノルルから40分ほどの距離にある街で、よりハワイのローカルを感じられる街です。
また、ラニカイビーチという全米で№1とも言われるビーチがある街です

カイルアはレンタカーがないと行きにくい場所です。
車の運転が不安な方にはこのオプションは最適

集合はDFS・Tギャラリア(免税店)に9時半
他社のツアーもこちらで集合が多く、たくさんの人がいました。
その為、到着時に渡されるツアーシールを貼って集合です
このステッカーを貼ることで他のツアーに紛れる心配はありません

車に乗り込み出発
ワイキキを出てすぐ、車窓越しにダイヤモンドヘッドを見て車は進みます

最初の立ち寄りスポットはハナウマ湾展望台!
GOGO.jpg
やはり海は透き通っていってきれいでした
この地よくパンフレットに載っていることも多いスポットです
シュノーケリングに行くツアーもオプションであります
GOGO1.jpg
15分ほ滞在し、写真撮影を終えて出発

次の目的地はハロナ潮吹き穴!
岩がごつごつしていて波うち際まで押し寄せ、
潮が岩と岩の間から吹くことで潮吹き岩と呼ばれています。
GOGO2.jpg
ちゃんと説明を聞かないとどこに来たかわからない感じがします・・・

約10分ほどで見学は終わり、サンディ・ビーチ、
マカプー岬を車窓から見ながらカイルアタウンへ

カイルアでは自由散策です
日程表記載は2時間フリータイムでしたが、少し早めに到着したため、
約3時間ほどフリータイムがありました

思っていた以上に時間があったのでレンタサイクルをして海へ行くことに
カイルアオーシャンアドベンチャーズでレンタルをしました
最初の受付時、自転車を全て貸出しているとのことだったので、
自転車が戻ってくるまでの待ち時間の間に少し買い物へ

ちなみにレンタサイクルのお店はこちら以外にも数件あります。

レンタサイクルのお店から歩いて3、4分のところにあるホールフーズへ。
GOGO3.jpg
こちらは日本未上陸のオーガニック商品を中心に取扱うスーパーです
GOGO7.jpg  GOGO5.jpg
この商品の並べ方をご覧いただければわかると思いますが、
日本とは少し違ったスーパーで回っているだけでも楽しいお店です
シリアルの量り売り等珍しいものが多いです
GOGO4.jpg
ホールフーズのオリジナルグッズも人気(特にエコバッグ)
GOGO6.jpg

そんなこんなで店内と回っているとそろそろレンタサイクルが借りれる時間に
ちなみに買い物を先にしても荷物はレンタサイクルのお店で預かってくれます

自転車の受渡の前に店内でお支払い
2時間で12ドル!支払い時、署名をして鍵を受け取ります
出発前に少し練習~日本の自転車とは異なり、ブレーキは反対にこぐと効きます
練習後いざ、出発
海までに行き方は口頭で説明があり、マップもいただけます

ハワイの場合は、歩道を走ることが法律で禁止されています
車道の一番端を走る必要があり、車が右側通行なので自転車も右側通行

自転車で15分ほど走るとカイルアビーチに到着
GOGO10.jpg
ワイキキの海もきれいですが、やはり中心部より離れたところの方が、海の透明度が違います
GOGO8.jpg  GOGO9.jpg
「あ~入りたい、でも我慢」ということでしばしぼーっと眺めていました

カイルアビーチよりさらに奥にあるラニカイビーチは全米で最も美しい海に選ばれたビーチ
今回は行きませんでしたが・・・

カイルアビーチからダウンタウンに自転車で戻り、またまたお買い物
昼食の時間ということもあり、再度ホールフーズにてアヒポキを購入
アヒとはマグロという意味で、簡単にいうとマグロの漬けのような感じです!
ラニカイジュースでフルーツジュースを買い、昼食です
GOGO11.jpg
味は・・・魚はやっぱり日本海で取れたものに限りますね

昼食後、自転車を返却し再集合
ワイキキへと戻りました

15時頃にTギャラリアに到着。
ホテルで少し休憩をし、最後のホテル見学へ

この日の1件目
「モアナ・サーフライダーウェスティンリゾート&スパ」へ

モアナ
1901年創業で今年で116年目。
ワイキキ最古のホテル。
白亜の宮殿と呼ばれ、内装はヨーロッパ建築を思わせるような造り。
モアナ1
3つのウィングからなり、
バニヤンウィング(本館)・ダイヤモンドウィング・タワーウィング。
一番人気はタワーウィング。
主にウェディング・ハネムーン・女子旅利用する方が多く、
45~50%日本人が宿泊割合を占める。

シェラトングループの中でもウェスティンになるとサービスの質が上がる。
ベッドはヘブンリーベッドでやわらかめ、ベビーベッドもヘブンリーベッドを用意。
もちろんアメニティの質も上がる。
バスローブ等もお部屋に用意されています。

チェックインは日本人専用カウンターにて行います。
これは今年度からの実施とのこと。
モアナ2

お部屋の広さは平均して40㎡(ラナイ含む)。ラナイのある部屋がほとんど。
オーシャンビュー、プレミアオーシャンビュー(ダイヤモンドヘッドと海が見える)、
シティービューと部屋タイプがある。
基本的にウォシュレットはついていますが、本館のバニヤンはウォシュレットなし。
バスタブも90%のお部屋でない場合が多く、ハンドシャワーのみ。
お部屋にiPadが置いてあり、館内の説明等が見れます。

ウェディングのお客様に人気のホテルと前述しましたが、
ホテルが運営しているチャペルではなく、テナントが経営するチャペルで
1日10~15組挙式を行っています。ウェディングフォトだけの方も多いとのこと。
そのため、ダイヤモンドウィングとタワーウィングの客室にはドレスフックと全身鏡を用意。

客室は
「タワーウィング タワーデラックスオーシャン」「タワーウィングタワープレミアオーシャン」を見学
モアナ7  モアナ6
モアナ5  モアナ4


続いて2件目はモアナからも歩いてすぐ!!
「ロイヤルハワイアンホテル

1927年創業の今年90周年のホテル。
ホノルルで3番目に古いホテルで「ピンクパレス」と呼ばれています。
ロイハ
中庭があるのが特徴のホテルで本館はガーデンビューが多く、
2年前に出来た新館(マイラニタワー)はオーシャンフロントのみとなっている。

もともと、昔は飛行機ではなく航海をしてハワイにやってきていた方用に
海は見飽きているのでガーデンビューということで作った名残でガーデンビューが多くなっている。
ロイハ11

本館は天井が高く、前述通りガーデンビューが多い。
もちろん海が見えるお部屋もあります!
ドアも歴史を感じる素敵な造り。
ロイハ16
日本人は約20%で少なめ。3分の2のお部屋はバスタブ有。
コネクトは1フロア4つ用意。

見せていただいたお部屋は「ヒストリック・ガーデン」
ロイハ12  ロイハ13
ロイハ14  ロイハ15
ダブルもしくはツインで対応。

続いて新館マイラニタワー。
マイラニ専用のチェックインカウンターがあり、日本語スタッフも常駐。
さらにマウラニ専用のラウンジを設けており、朝食やドリンク、軽食等のサービスもある。

見せていただいたお部屋は「マイラニ・タワー・オーシャン・フロント」
ロイハ3  ロイハ4
ロイハ5  ロイハ6
ロイハ7  ロイハ8
ロイハ9  ロイハ10


このお部屋はキングサイズベッドでしたが、ツインもあります。
バスタブ・ウォシュレット付。バスローブも用意があります。
これは本館・新館共通ですが、マリエオーガニクスのアメニティを用意。
ベッドもラグジュアリースリーパーを採用。

続いて最後のホテルは
「シェラトン・ワイキキ
SW4.jpg

こちらもロイヤルハワイアンのお隣で歩いてすぐです。

部屋数は約1600室、ウィングは1つだけです
日本人は約65%。日本人スタッフも常駐しているので初めての方でもOK
エレベーターは11基あり、客室は4~31階。
SW1.jpg

お部屋タイプはオーシャンビュー、オーシャンフロント、
ダイヤモンドヘッドビューデラックスオーシャンフロント、シティービュー、マウンテンビュー等がある。

部屋からの景色のいいお部屋は部屋が狭く、景色が悪いお部屋は部屋が広い。

海側のお部屋タイプは部屋の広さは同じ。
オーシャンフロントのお部屋のみ洗面所のところを開けることができ、そこから海が見える。
オーシャンフロント以上のお部屋がウォシュレット有。
その他、ルームサービス・ランドリーサービスがある。
お部屋にはiPadがあり、日本語でホテル案内等確認出来る。

その他、Wi-fiはホテルで利用可能で2017年4月以降は
1室に1台ルーターの貸出を行うサービスを開始とのこと。

今回、ホテルが満室に近かったので空いていたお部屋タイプの
「オーシャンフロント」を見せていただきました
SW2.jpg  SW3.jpg

お客様の予約を受ける場合、部屋指定なしが多いので
部屋指定なしにされるとどのようなお部屋タイプになることが多いですか?
と質問したところ、シティビューやマウンテンビューの割合が3割なので確立的には
海側になることが多いとのことでした

ホテル見学後はシェラトンワイキキの「カイ・マーケット」にて夕食
皆さん揃って最後の晩餐です
カイ・マーケットはディナービュッフェとなっています。
SW5.jpg  SW7.jpg
SW6.jpg

窓の外には海も広がっており、テラス席もあります。
夜になると暗くなるのでサンセットの頃に行くのがおすすめ

明日の帰国のために早めに帰って準備をして就寝

~帰国日~
到着日に滞在中のご案内の中に同封されている書面に帰国日のお迎えが記載されています。
荷物はホテルのお部屋の入り口付近に置いておくと取りに来てくれます。
荷物は8:50までにパッキングをして用意!
お迎えは10時頃でした

その前に最後のモーニングへ
同じお部屋の方の知り合いのガイドさんがお迎えにきて下さいました

ホテルから10分ほど走るとある、ニューオータニカイマナビーチホテルの中にある
「Haw Tree Lanai」にて朝食です
attachment00 (3)

こちらでいただいたのはエッグベネディクト
SW
やはりこちらも朝からボリューミー

とってもおいしかったのですが、やはり量は多い・・・

あまり時間ないので朝食を早々に済ませホテルへ

一度部屋に戻ると荷物はもうなく、少し休んでからチェックアウト。
皆さん集合をして混載のバスにてホノルル空港へ。
私たちのバスは他に1件別のホテルに立ち寄ってから空港へ向かいました。

到着後、すぐに荷物を預けてチェックイン!
その後、手荷物検査へ。
ハワイの場合、入国審査が長く厳重ですが、出国の時はあっさりしています

早々に検査を済ませ、免税店エリアへ。
SW8  SW9.jpg
ワイキキの免税店にて今回買い物をしたのですが、通常の空港だと受取のカウンターがある感覚だったのですが、
受取場所が地図には記載なく・・・。
ちょっと不安になったのでショップの方に尋ねると搭乗口でもらえるよとの回答。
本当かなと半信半疑でした。

搭乗口は恥なので早めに移動をしてのんびり。
飛行機搭乗の列に並んでいる際にようやく免税品受取!!
本当のギリギリまでもらえないですが、受取が出来て一安心

ANA185 ホノルル(19:50)-羽田(17:25)+1 

SW10.jpg
帰りが風向きが変わるので約9時間50分のフライトです
機内食は2回出ました
SW11.jpg  SW12.jpg

途中アイスも配っていたようですが、爆睡しており食べれず残念

短いようで長いフライトを終え、帰国
ハワイはあんなに暖かかったのに日本は寒い
一瞬でハワイに戻りたくなりました

行きは小松で預けた荷物はホノルル引取でしたが、
帰りは税関申告のため、預けた荷物は必ず受取が必要です。

荷物を引き取り、到着ロビーへ。

ここで小松組と富山組それぞれの飛行機に乗る為解散です

国際線到着ロビーの同じフロアに国内線乗り継ぎ保安検査があります。
そこで手荷物検査を受け、バスで国際線ターミナルへ移動。

帰国時もラウンジが使えたので国内線ラウンジへ。
国際線の際は食事等も用意されていましたが、
国内線ラウンジは軽いスナックと飲み物の用意がありました。

搭乗口へ移動し、この旅最後のフライトへ。

ANA759 羽田(19:50)-小松(20:50)

荷物を引取、小松組の皆さんともここでお別れ

今回、ハワイの研修に参加させていただいて普段パンフレットでしか見ることのなかった、
ホテルを見学させていただいてとても勉強になりました。
今まで販売していた感覚とまた違った視点からご案内出来るよう活かしていけたらと思います。
貴重な経験でした

ハワイ研修・2日目part1~byかほく・となみKO


2日目はスケジュールの中では1番ゆったりしている日でした
いつもなら時間ギリギリまで寝ている私ですが・・・
早起きをしてモーニングへ

同じ部屋の方が調べて下さったお店に行ってみることにしました
少し中心地から離れている場所ということでタクシーで移動
運転手さんに住所を教えて出発

順調に進んできて到着したのですが・・・閉まっている・・・
そしてそれまで無口だった運転手さんが
「僕はここあんまりおすすめしないよ」と・・・。
そういうことは来る前に言ってね~と思いながらも
「僕のおすすめのお店があるからそこまで行こうか?」とのことだったので
連れて行ってもらうことにしました
他のお店は考えていなかったのでローカルな運転手のお兄さんを信じました

私たちが来ていたカカアコはウォールアートが有名
途中止まってもらって写真を撮りました
かわいい
IMG_1601_convert_20170403181818.jpg


タクシーに戻ると運転手のお兄さんたくさん話しかけてくれました
私たちが英語が出来るか不安だったのかもしれません
そんなこんなでお店に到着
親切なお兄さんにチップを多めに払ってお別れです

「Sweet e’s cafe」というお店です
情報が何もなかったので何が有名なのかスマホで調べました
フレンチトーストが有名と出てきたのでフレンチトーストとオムレツを頼みました
IMG_1604_convert_20170403181914.jpg

日本人は私たちぐらいでした。お店はひっきりなしにお客様が来て待っている方もいました

まずサイズ感が大きい
やっぱりアメリカンサイズですね
味はとってもおいしい~
でもさすがに食べきれないのでテイクのBOXを用意してもらいました

最初のお店よりホテルに近づいたのでゆっくりホテルまで歩いて帰ることに
お店を出て道を渡って反対側のすぐそばに「レナーズ」がありました
IMG_1608_convert_20170403182005.jpg

お腹いっぱいでテイクまでしたはずなのに・・・。
ハワイに来てレナーズのマラサダを食べないわけにはいかないと思った私たち
パンパンのお腹で1ついただきました
IMG_1913_convert_20170403182042.jpg

出来立てで温かくておいしかったです
ひっきりなしにお客様がきていました

そのあとはゆっくり歩きながらホテルへ
快晴のハワイはとっても暑いですが、風が心地よかったです
雪が降っていた金沢が嘘のよう
IMG_1629_convert_20170403195149.jpg

ビーチ沿いを歩きましたが・・・入りたい・・・
でも我慢しました
IMG_1637_convert_20170403195229.jpg

ホテルに着いて着替えをして今日もホテル見学
まず1件目
「ハレクラニ」へ

ハレクラニ

ハレクラニは全453室あり、言わずと知れた高級ホテルです

チェックインの方法は他のホテルとは異なり、インルームチェックイン。
フロントで名前をお伺いして、係がつきホテルツアーをしながら客室へご案内。
客室での記帳を行ってチェックインをしています
これは全ての客室のお客様に行っています
宿泊者の55~60%が日本人
極力日本語対応で努めていますが、繁忙期等は用意出来ない場合の有!

ハレクラニの景観には大きくわけて4種類。
ガーデンビュー・・・0~29%海が見える、基本はお庭メイン。
パーシャルオーシャンビュー・・・30~50%海が見える。
オーシャンビュー・・・50%以上海が見える。
オーシャンフロント・全面海が見える。

部屋の大きさも48㎡(ラナイ含む)がスタンダード。
トリプル(3名1室)対応も可能。
シャワーは全てハンドシャワーで、バスタブ有、シャワーブースも有。
体重計もあり、荷物を測るための活用だそう。

今回は「オーシャンビュー」と「パーシャルオーシャンビュー」「ガーデンコートヤード」を見学
ハレクラニ1  ハレクラニ2  ハレクラニ4ハレクラニ6  ハレクラニ5  ハレクラニ13  ハレクラニ14  ハレクラニ15


ハレクラニのコンセプトは何もしなくていい。
ホテルのサービスを楽しんでいただいてお客様にはゆっくりしていただきたいとのこと。

アメニティやコーヒーメーカーをお部屋に置かないのもお客様がするのではなく、
ホテルにさせていただきたいというコンセプトのもとだそう。
ちなみにアメニティは貸出無料、コーヒーはルームサービスで$10かかります

また、自社のランドリーが有り、洗濯も有料になりますが行っています。

夕方になるとハウスキーパーが入り、お客様が寝る準備をします。
冷蔵庫の水は朝・夕取替えをし、氷も用意してくれます。

半日~1日はホテルでゆっくりしてほしいと案内してくれた方はおっしゃってました!

続いてレストランへ

「オーキッズ」
朝食はビュッフェではなく、アラカルトを注文するスタイル。
ちなみに朝食はドレスコード無し。
ハレクラニ8  ハレクラニ9  ハレクラニ10

店内は全てランの花が飾られている
ウェディング後の食事を楽しむ場としても人気。
料理長はイタリア人でイタリアン(地中海料理)が楽しめる。
アフタヌーンティーも人気

「ラメール」
フランス語で海の意味。17:30~ディナー営業。
ハレクラニ11

ハワイ州で№1の賞を多数受賞しているレストラン。
フレンチのコースをいただける。3コース$110~、4コース$145~。
ハレクラニ12

コースも選択は可能。日本語メニューも有。
ドレスコードは男性襟付きシャツにジャケット、女性はドレスアタイヤ。
記念日旅行の際に最適。
席は海側希望は出せますが、当日回答。早めの時間を予約するのがおすすめ。

ハレクラニから歩いてランチのお店へ移動。

お昼は日本にもある「bills」へ
bills.jpg
日本と変わらずおいしいですが、やはりサイズはアメリカンですね
bills1.jpg
日本よりボリューミーで皆さん苦戦。
朝食べ過ぎてお腹空かない中、頑張って食べました


ランチ後、ホテル1件見学があります。
2件目へは少し距離があるので初トロリーで移動
トロリー


「ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ワイキキ・ビーチ・リゾート」へ
ヒルトン  ヒルトン1

5つのタワーがあるヒルトンは、ワイキキでも最大の敷地を誇り、
5つのプール、20店以上のレストラン、90店以上のショップが揃う。
この敷地だけでも十分に楽しめるのでファミリー向け。
客室は3000室、5つのプールのうちの一つは人工のラグーンプール。
宿泊者はアメリカ人6割、日本人3割、その他。

今回は「レインボータワー」「アリータワー」「ダイヤモンドヘッドタワー」の部屋を見学

レインボータワーは客室800室有。
ヒルトン3  ヒルトン2
エレベーターに乗る際は階を指定するボタンが外側にあるのでご注意を
 ヒルトン10

「レインボータワー15階以上ダイヤモンドヘッドオーシャンフロント(41㎡)」
キングベッド1台のお部屋が40%、ツインのベッド2台のお部屋が20%を占めています。
ちなみにレインボータワーの2/3はコネクティングルーム対応。
ヒルトン5  ヒルトン6  ヒルトン7
ヒルトン4 ヒルトン9

ミネラルウォーターのサービスはなく、コーヒーは無料。タワーによりスリッパも有。
ルームサービスは行っていない。
Wi-Fiはフリーでお部屋にはプレステーションと映画が見れる機能有。

「レインボータワーオーシャンビュー」

コーナールームがハネムーナーにおすすめ。

アリータワーは400室の客室。
アリータワーの専用フロントがあり、そこでチェックイン。
ヒルトン15 ヒルトン16

専用コンシェルジュがおり、1階のロビーでもドリング飲み放題のサービス有。
タワー専用のプール、ジム、ジャグジー、ラウンジが有。
ヒルトン22

アリータワーはウォシュレットも有、タオル生地も他のタワーより良いものを使用。浴衣もあります。
ヒルトン17

さらにビーチ用のバッグも用意されています。
ちなみにエキストラベッドは入れません。

「アリータワーオーシャンフロント70㎡」
ヒルトン20  ヒルトン21

ダイヤモンドヘッドタワーは部屋指定なしの場合に利用されることが多いそう。

「ダイヤモンドヘッドタワー42㎡」 海がばっちり見えています。
ヒルトン25  ヒルトン26
ヒルトン27  ヒルトン23


ヒルトンは全米で3000以上のホテルがあり、中でもホノルルの
ヒルトン・ハワイアン・ビレッジは年間稼働率96%という驚異的な数字です。

ワイキキの中心部まで行かなくても食事やショッピングも楽しめるので
移動があまり好きではない方には持ってこいかもしれません

この日は2件のホテル見学で終了。
その後フリータイムでした。

夕食は「ルースズ・クリス・ステーキ ホノルル店」へ。
ハワイと言えばステーキ
attachment02.jpg

このお店はワイキキ店もありますが、ワイキキ店予約がいっぱいだったので
アラモアナ・ショッピング・センター近くのホノルル店へ。

さすがハワイ!!アメリカンサイズ~ボリューミーですね
attachment01.jpg  attachment03.jpg

とても食べ切れませんでしたが、おいしくいただきました
attachment04.jpg

もちろんこちらも残ったものはテイクアウト出来ます

食後はもちろん少ない時間を使ってショッピングに励みました

ゆったりした時間も過ごせて2日目終了です

ハワイ研修・1日目part2~byかほく・となみKO


1日目の続きです

昼食を済ませ、1件目のホテル見学へ
「ハイアット・リージェンシー・ワイキキ・ビーチリゾート&スパ」へ

ハイアットは高層のツインタワーの建物が特徴。1230室の客室を持つ
立地はカワカウア通りのデューク・カナハモク像の前と動きやすい場所にあります
2つのタワーの間にフロントがあり、日本語対応も可能。
ご覧の通り、フロントの案内にも日本語標記があります
IMG_1524_convert_20170208165943.jpg


今回客室は「ワイキキシティビュー」と「20階以上オーシャンフロント」を見学
IMG_1527_convert_20170208170045.jpg  
IMG_1529_convert_20170208170126.jpg  
IMG_1530_convert_20170208170214.jpg  
IMG_1531_convert_20170208170253.jpg  
IMG_1532_convert_20170208170326.jpg       
IMG_1533_convert_20170208170405.jpg  
こちらはワイキキシティビューのお部屋タイプです。シティービューでも少し海が見えます

オーシャンフロントは文句なしにきれいに海が見えます
お部屋にはイスもありました。設置位置からはしっかり海が見えます
IMG_1537_convert_20170208170441.jpg     IMG_1541_convert_20170208170515.jpg


昨年改装を済ませ、ベッドをダブルからクイーンサイズに変更
コンセントとUSBプラグをベッド横に設置
日本では当たり前ですが、海外では当たり前ではない、
ウォシュレットと歯磨きが全てのお部屋に完備
ウェディングドレスフックと全身鏡も全室完備されており、ウェディングの方に最適です
お部屋も広いのでウェディングの仕度にもスペースが確保出来ます

その他の施設もいくつか見学しました。
レストラン「ジャペンゴ」 17時から利用可能で個室も有
ステーキやシーフードがいただけるレストランです。
IMG_1543_convert_20170208170604.jpg

プール近くにある「スイムプールサイドバー」は11:00~23:00まで営業。
軽食やお酒がいただけます
IMG_1547_convert_20170208170706.jpg     IMG_1546_convert_20170208170633.jpg     IMG_1548_convert_20170208170812.jpg

朝食会場となるレストラン「ショア」
朝5:30~オープンしており、席数は195
ブッフェスタイルでオムレツステーションもあります
IMG_1550_convert_20170208170949.jpg     IMG_1551_convert_20170208171030.jpg


リージェンシークラブにお泊りの方はラウンジ利用が可能で
コンチネンタルブレックファーストやスナック、お飲み物がいただけます
ただしアルコールは有料

フィットネスクラブも有り24時間利用可能
IMG_1549_convert_20170208170847.jpg

また、1階から3階には60以上のショップも入っており、ABCストアを始め、
ホテルの敷地から出なくてもお買い物が楽しめます

館内でのイベントとして毎週火・木曜にファーマーズマーケット
16時~20時の間、フルーツやパンの販売があります
そして毎週金曜16時半~18時にアロハフライデー
ポリネシアショーが行われます

IMG_1902_convert_20170208171102.jpg

ハイアットの見学の後は徒歩で次のホテルへ移動

2件目のホテル
「ワイキキ・ビーチ・マリオット・リゾート&スパ」へ

IMG_1553_convert_20170208173555.jpg

建物は2つのタワーからなり、パオアカラニタワーとケアロヒラニタワーで
パオアカラニは通称Pタワー、ケアロヒラニは通称Kタワー
立地はカラカウア通りの少々端っこで、
買い物等に行かれる場合は歩けないことはないですが、少し遠く感じるかもしれません
トロリーに乗ることをおすすめします
ちなみに案内して下さった方いわく「オーガニックサイドのワイキキ」だそうです

ロビーも改装を終え、とてもきれいな空間でした
IMG_1556_convert_20170208173626.jpg

日本語専用サービスが7:30~19:00まで営業しており、言葉が心配な方でも安心
IMG_1557_convert_20170208173701.jpg

ツアーロビーというオプショナルツアー出発専用のロビーがあります
IMG_1558_convert_20170208173732.jpg

ちなみにANAハローツアーラウンジもマリオットにはあり、
マハロラウンジに行かなくても対応していただけます
営業時間は8:00~17:00
IMG_1559_convert_20170208173803.jpg

またチェックイン前後にお休みいただけるホスピタリティラウンジも設けており、
大人数はなかなか難しいですが休憩できるスペースを設けています!
ここにはシャワールームもあります
IMG_1560_convert_20170208173842.jpg

最初に2つのタワーがあると書きましたが、
どちらのタワーにもABCストアが1つずつ入っています
2018年2or3月を目途に各タワーにスターバックスコーヒーも入る予定とのこと

客室は「Kタワーダイヤモンドヘッド・オーシャンビュー」と「Pタワーオーシャンフロントジュニアスイート」を見学

「Kタワーダイヤモンドヘッド・オーシャンビュー」29㎡
IMG_1562_convert_20170208173917.jpg     IMG_1564_convert_20170208174636.jpg
IMG_1565_convert_20170208174721.jpg
ダイヤモンドヘッドがきれいに見えます

「Pタワーオーシャンフロントジュニアスイート」
IMG_1571_convert_20170208174954.jpg     IMG_1569_convert_20170208174919.jpg     IMG_1573_convert_20170208175032.jpg
お部屋とバスルームも広くなり、景色も抜群です

部屋数は2つ合わせて1310室。そのうちツインとダブルは半々です
コネクティングルームは200セット。主にツインとキングの組みあわせが多いそうです。
コネクティングというと二つの部屋がくっつくイメージですが、
3つのお部屋がくっついているお部屋も用意しているそう

コンセントは一人で3個使えるよう多めに設置され、冷蔵庫は1つは空のものを用意。
テレビは全室55型で大きめ
ベッドはリバイブベッド(低反発ベッド)
宿泊客はアメリカ人7割、日本人3割のため、ウォシュレットは設置していないとのこと。
客層が逆転すれば導入されるのかもしれません

今回見学はしていませんが、ファミリールームもあり4名1室対応も可能

つづいてレストランを見学
私たちが訪問したときは、オープン前でしたが、
1/26オープンの「クヒオビーチ」。
IMG_1574_convert_20170208175107.jpg
朝食会場となり、ビュッフェスタイルでハイアット同様オムレツステーションを設置
また、ディナー営業も金土限定で営業し、アラカルトメニューを注文いただくスタイルです。
席数は180~190席。プライベートエリアも有り、MAXで40~50名分の席も確保可能。

マリオットの見学後は、皆さん時差ボケで少しお疲れの様子だったので
一度宿泊先のホテルへ徒歩で移動
私も飛行機で2時間ほどしか寝れず、ちょっとお疲れモード

私たちが宿泊したホテルは「シェラトン・プリンセス・カイウラニ」
IMG_1586_convert_20170208182421.jpg     

1件目に見学をしたハイアットの道路を挟んでお向かいのホテルです

今年65周年を向かえ、3つのウィングを持つホテル。
日本人は45%で修学旅行等が多い。
全館改装を予定していましたが、2019年3月までは改装せず営業継続予定。
ロビーは改装済。
週3回ポリネシアディナーショーが行われています

説明はこの辺で

ルームキーをフロントで受け取りお部屋へ
スーツケースはホノルル空港で預けたものがお部屋に入っていたので便利
私たちのお部屋はタワーウィングの25階でした。
お部屋に関してはあまり期待せずに入りましたが、いい意味で期待を裏切りました
思っていたより全然よかったです
IMG_1579_convert_20170208182210.jpg      
IMG_1580_convert_20170208182242.jpg

お部屋の広さも二人のスーツケースを広げても十分ありますし、
窓の外からの景色も素敵でした
ばっちりサンセットも見れました
IMG_1582_convert_20170208182318.jpg

ホテルで少しリフレッシュして眠気もすっきりして徒歩で夕食会場へ
今回参加した皆さんと現地ANAハローツアーのスタッフの方と懇親会です

ロイヤルハワイアンセンター内「Beijing」で中華をいただきました
IMG_1592_convert_20170208182454.jpg      
IMG_1594_convert_20170208182526.jpg

実際に現地スタッフの方のお話を伺ってお客様をたくさんお迎えして
おもてなしをしたい、その思いが伝わってきました

ご飯の後、解散をしましたが今回過密スケジュールだったので
今だ~とばかりにショッピングへ

そんなこんなで長かった1日目は終了

ハワイ研修・1日目part1~byかほく・となみKO


1/17~3泊5日でハワイの研修に参加させていただきました

ハワイは1年を通して温暖で、5~9月が夏、10~4月が冬、10~2月が雨期
冬でも海には入れますが、天気に大きく左右されます
主要8島と120の島々からなるハワイ州はオアフ島ホノルルが州都。
時差は日本より-19時間で日本が正午の時、ハワイは前日の17時。

日本人のハワイに行きたいと指すのは州都オアフ島がほとんどです。
国際線が発着する空港もほぼホノルル空港です
ちなみにパック商品として販売されているのは
オアフ島・ハワイ島・カウアイ島・マウイ島です。
ということで今回も一番需要のあるオアフ島ホノルルへの研修です

北陸からハワイに出発される場合、今までは関空と成田が多かったですが、
国内線追加代金なしプランが出たことによって羽田・成田発がメインとなってきました

今回はANAハローツアー商品の体験研修ということで小松・富山それぞれ国内線をつないで、
国際線は羽田発着を利用しました
小松発5名、富山発5名参加で羽田空港で合流です

小松空港15:20集合
国内線は慣れっこということで各自で手続きをして羽田で再集合。
ちなみに今回は早い集合ですが、通常は小松発最終の羽田便でも十分に間に合います

今回は国内線・国際線共にANAの飛行機のため、小松で預けた荷物はそのままホノルルで引取になります
それに伴い、小松空港で国際線のチェックインも行うため、パスポートの用意も必要です!
航空券ですが、ANAハローツアーの場合、日程表にeチケットお客様控えが印字されています
IMG_2060_convert_20170208163024.jpg

パスポートとeチケットお客様控えを用意してANAのカウンターで手続き完了


ANA756 小松(16:20)-羽田(17:30)




雪でどんよりしている地上の天気とは裏腹に空の上はこんなにきれいでした

飛行機到着後、小松組の皆さん合流しと国際線ターミナルへ向けて移動
羽田空港は国際線ターミナルと国内線ターミナルが離れているので
無料連絡バスもしくは電車で移動が必要です

小松で予め受け取っていた「ANA国際線乗り継ぎバス乗車票」を手に国際線ターミナルへ
IMG_2058_convert_20170208162944.jpg

空港内、国際線乗り継ぎの看板に沿って歩き、「国際線乗り継ぎカウンター」を目指します。
カウンターで乗車票を提示し、専用の乗り継ぎバスで国際線ターミナルへ
最小限の移動で済むので便利です。

国内線から国際線ターミナルまでは所要約15~20分くらいです。

国際線ターミナルに到着し、
ANAハローツアーの場所を確認しましたが、
今回のように国内線を利用するプランの場合は羽田空港で再集合はなく、
各自で手荷物検査・出国審査を行って搭乗する流れになっています。
富山組と合流をし、一旦解散です。
その間に両替へ
いくつか銀行がありましたが、レートはどこもそんなに変わりませんでした

再集合後、保安検査・出国審査を経てANAラウンジへ
IMG_1490_convert_20170207202024_convert_20170208123815.jpg

通常はビジネスクラスやプレミアムエコノミー、ANAのプレミアムカードをお持ちの方のみ利用出来ますが、
今回は特別に利用させていただきました

ラウンジでは食事や飲み物(アルコール含む)が自由にいただけて、
シャワー室もありました
IMG_1493_convert_20170207202130.jpg    IMG_1492_convert_20170207202059.jpg

IMG_1494_convert_20170207202214.jpg    IMG_1495_convert_20170208125159.jpg

ハワイの場合は日本発が夜ですが、ハワイに着くと前日の朝なので
もう1日朝から始まることになるのでシャワーはうれしいサービスですね
時間が遅いほうがシャワー室は混んでいて1時間待ちになっている時もありました

機内食が食べれないくらいに皆さん食べたり飲んだりしていました
ちなみに名物にしたいのはチキンカレーだそうです

ギリギリまでラウンジで過ごし、搭乗口へ
さよなら~寒い寒い日本

IMG_1496_convert_20170208125520.jpg

ANA186 羽田(21:55)-ホノルル(10:05)

機内食は出発してしばらくして出ました
牛すき焼き丼かポリネシンアンチキンバーベキューのどちらかの選択でした。
ハワイでは日本食は食べないだろうと思い、牛すき焼き丼を選択しました
IMG_1501_convert_20170208125828.jpg

ラウンジで食事はしましたが、ちゃんと食べれました
IMG_1599_convert_20170208131020.jpg

到着するまでに軽食としてキャラメルポップコーン・マフィン・せんべいも出てきました。
IMG_1498_convert_20170208125951.jpg
機内エンターテイメントは最新もありますが、少し物足りない気がしました

ホノルル到着後、入国審査・税関申告を済ませて到着口へ。
旅行会社が主催しているツアーは団体出口から出ます
たくさんのツアー会社がお迎えにきています。

今回私たちはANAハローツアーの方についてバス乗り場へ。
IMG_1508_convert_20170208125905.jpg

荷物をバス乗り場で預けます。この荷物はホテルのお部屋まで運ばれていました
到着時早々、「滞在中のご案内」のセットを受け取ります。
その中には、現地渡しとされているレアレアトロリーのチケット
ツアーによって異なりますが、
食事に利用できるクーポン券(今回はランチクーポンとディナークーポン)、
Tギャラリア免税店ショッピングカード、帰りのお迎え時間の記載された案内書面が入っています。

IMG_1513_convert_20170208130126.jpg

基本的にはグループに1つ渡されます。案内書面以外は人数分同封されています。

社内に乗り込み、滞在中の案内のDVDを見ながら「マハロランジ」へ。
ハローツアー利用のお客様は全てこちらへ移動になります
IMG_1512_convert_20170208130033.jpg

ラウンジでは滞在中のご案内等に関して質問をする時間を設けたり、
通常チェックインが15時以降の事が多いのでそれまでお休みいただけるよう
休憩室や更衣室、キッズスペースやドリンクサービス等もあります。
IMG_1589_convert_20170208132153.jpg

更にオプショナルツアー等の相談にものっていただけます。
中を少し見学させていただいた後、一旦解散となり皆さんでお昼へ

早速いただいたランチクーポンを使うことに
マハロラウンジはワイキキ・ショッピングプラザの2階にあります。
そこから横断歩道を渡ってすぐ向かいにあるロイヤルハワイアンセンター2階のフードコートでランチクーポンが利用出来るお店があります
今回はマハロハバーガーのハンバーガーをいただくことに
クーポン利用なのでメニューが決まられていると思いきや、
好きなものを選ぶことが出来ました
クーポン1枚でハンバーガー・ポテト・ドリンクがついてきます

IMG_1514_convert_20170208130203.jpg       
IMG_1517_convert_20170208130937.jpg

味もおいしくってボリュームも満点でした

昼食後は2件のホテル見学です
今回の研修は主にホテル見学がメインです

1日目本当に長いので続きは1日目パート2で

前ページ | ツアーシステムスタッフブログホーム | 次ページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。